DENON PMA−780D 修理記録
平成14年1月14到着 平成14年1月28日完成
A. 修理前の状況
  たまに左の音が低くなったり、鳴らなくなったりします。
  入力SWを回したりメインVRを回したりしますと直ります。
  又高音で歪みがひどいようです。
  ヤフーで落札した品物で完動品といわれた品物です。
  昨年末から左チャネルの出力に「ボソボソ、バリバリ」と不定期な雑音が発生する。(SP、ヘッドフォン共)
  ボリュームを左に回して「0」の状態でも発生する。(この時入力には何も繋がない状態でも同様)
  ヘッドフォンで聞くと前記の状態で両チャネルから「サー」というノイズがでる。

  
B. 原因
  メインAMPの初段FETの劣化。

C. 修理状況
  メインAMPのRLドライブ基板修理
  SP接続リレー交換
  配線手直し、補強
  基板ハンダ補正

 
D. 使用部品
  SP接続リレー交換
  半固定VR              4個
  電解コンデンサー         4個
  FET(電解トランジスター)    4個
  TR(トランジスター)        4個
  抵抗                  4個


E. 修理費  18,000円   <<通常修理>>

1. 上蓋を開け清掃後=写真が間違っています
5. 修理中のドライブ基板
7. 左=付いていたSP接続リレー、右=交換したSP接続リレー
8. 出力/歪み率測定
9. 400HZ SP出力電圧31V=120W 歪み率=1%弱
10. 1000HZ SP出力電圧31V=120W 歪み率=1%弱 
11. 前から見たところ
             
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2014 Amp Repair Studio All right reserved.