Accuphase E−303 修理記録
平成14年7月30到着 8月7日完成
A. 修理前の状況
  • アキュフェーズのプリメイン E303が突然音がでなくなり知り合いの電気屋を通じメーカーに修理依頼をしたところ、
    故障の「原因は、わかったが部品(リレー)がない」 といわれそのまま戻って来ました。
    私が社会人になって初めてのボーナスで購入した思い入れのある物なので、残念でしたがあきらめていました。
    メインアンプとしては、使えます。

T. 修理前点検測定

C. 修理状況
  • 結合コンデンサーは全部交換
    SP接続リレー交換
    メインAMPバランス、バイアス半固定VR交換
    RLドライブ基板/コントロールAMP電解コンデンサー交換
    コントロールAMP FET交換
    配線手直し、補強
    基板ハンダ補正

D. 使用部品
  • SP接続リレー              2個。
    半固定VR                6個。
    電解コンデンサー           20個。
    FET(電解トランジスター)       8個。
    TR(トランジスター)           個。
    抵抗                    個。

E. 調整・測定

F. 修理費  65,000円   通常修理。

Y. 納品後のユーザ様メール。

S. Accuphase E−303 の仕様(マニアル・カタログより)

B. 原因
B1. SP接続リレー焼損、1.5倍の接点容量の物に交換
B2. 終段FET(電解トランジスター)交換
       リレーは片側は生きており、出たり/出なかったり/途中で出なくなるのは、
       FETのバランスが崩れプロテクト動作の為
       キャンタイプは無いのでモールド製、PCは100W→150WにUP
B3. 終段基板コンデンサー交換
      熱の為、ビニールの剥けたコンデンサー   
B4. プシュSW修理
       バラして修理
T. 修理前点検測定
T1. 出力・歪み率測定・調整
  FETは自己回復能力があるので、バラック修理後は1度もプロテクト動作なし
  AUX入力 400HZ SP出力電圧30V=112W 歪み率=1.8%
T2. AUX入力 1000HZ SP出力電圧30V=112W 歪み率=1.7%
C. 修理状況
C11. 修理前 SP接続リレー(プロテクト)基板
C12. 修理後 SP接続リレー(プロテクト)基板
    SP接続リレーは接点容量1.5倍の物に交換、終段TR(トランジスター)の取り付けネジは必ず増す締めする
C13. 修理前 SP接続リレー(プロテクト)基板裏
C14.  修理後(半田補正) SP接続リレー(プロテクト)基板裏
  大きい電流が流れる所、力のかかる所、高熱になる所は必ず半田補正する
C21. 修理前 コントロール基板
C22. 修理後 コントロール基板
    初段複合FET(電解トランジスター)、半固定VR交換
C23. 修理前 コントロール基板裏
C24. 修理後(半田補正) コントロール基板裏
C31. 修理前 EQ基板
C32. 修理後 EQ基板
C33. 修理前 EQ基板裏
C34. 修理後(半田補正) EQ基板裏
C41. 修理前 終段基板
C42. 修理後 終段基板
   フイルムコンデンサー、電解コンデンサ−交換
C43. 修理前 終段基板裏
C45. 修理後 終段基板裏   
C51. 修理前 コントロール基板
C52. 修理後 コントロールSW基板。 メタライズド・フイルムコンデンサー、BP−CON取り替え
C53. 修理前 コントロールSW基板裏
C54. 修理後(半田補正) コントロールSW基板裏
C61. 基板を抜かれた本体
C71. 完成 上から見る
C72. 完成 下から見る
C8. 交換部品
E. 測定・調整
E1. 出力・歪み率測定・調整
   SP出力電圧34V=144W 歪み率=0.08% MC入力 1000HZ
E2. SP出力電圧34V=144W 歪み率=0.09% MC入力 400HZ
E3. SP出力電圧34V=144W 歪み率=0.08% AUX入力 1000HZ
E4. SP出力電圧34V=144W 歪み率=0.07% AUX入力 400HZ
E5. 24時間エージングで完成
Y. 納品後のユーザ様メール
  • E303無事に届きました。
    早速セッティングして聞きました。
    前よりもクリアーナ音がします。
    私は、真空管の温かみのある音が好きで、ずっと石のアンプは聞いてなかったのですが、
    久しぶりに聞くとこれはこれで、新鮮な音に聞こえます。
    おそらくこのアンプへの愛着心がそうさせているのだと思います。
    末永く大事にしたいと思っています。
S. Accuphase E−303 の仕様(マニアル・カタログより) 
型式 ステレオプリメインアンプ E−303
定格出力(High Level Input、
両ch動作時、20Hz〜20kHz、
歪率0.02%以下)
4Ω負荷=180W/ch
8Ω負荷=130W/ch
16Ω負荷=65W/ch
高調波歪率(20Hz〜20kHz間) High Level input→output=0.02%以下(定格出力時)
High Level input→Pre out=0.005%以下(定格出力時)
DISC(Head Amp=off)→Tape Rec out=0.005%以下(6V出力時)
DISC(Head Amp=on)→Tape Rec out=0.01%以下(2V出力時)
IM歪率(新IHF) 0.01%以下(High Level Input、定格出力時)
周波数特性(新IHF) High Level Input=20Hz〜20000Hz +0 -0.2dB(定格出力時) 
DISC Input=20Hz〜20000Hz +0.2 -0.2dB(定格出力時) 
Main Amp Input=20〜20000Hz +0,-0.2dB(定格出力時) 
           1.5〜300000Hz +0,-3.0dB(1W出力時) 
ダンピングファクター 80(8Ω負荷、40Hz)
定格入力/入力インピーダンス DISC1(Head Amp=OFF)=2.5mV/100、47k、82k、150kΩ
DISC1(Head Amp=ON)=0.125mV/100Ω
DISC2(Head Amp=OFF)=2.5mV/47kΩ
DISC2(Head Amp=ON)=0.125mV/100Ω
High Level Input=160mV/47kΩ
Main Input=1.3V/47kΩ
DISC最大入力(歪率0.005%、1000Hz) Head Amp OFF=300mVrms
Head Amp ON=15mVrms
定格出力/出力インピーダンス Pre Output=1.3V/200Ω
Tape Rec Output=160mV/200Ω(DISCの場合)
Headphones=0.32V/適合インピーダンス4〜32Ω
ゲイン Main Input→Output=27.8dB
High Level Input→Pre Output=18.4dB
DISC Input(Head Amp=OFF)→Tape Rec Output=36dB
DISC Input(Head Amp=ON)→Tape Rec Output=62dB
S/N / 入力換算雑音
(入力ショート、IHF-Aカーブ、定格入力時)
Main Input=115dB/-112dBV
High Level Input=100dB/-116dBV
DISC Input(Head Amp=OFF)=86dB/-138dBV
DISC Input(Head Amp=ON)=72dB/-150dBV
音量調整連動誤差 1dB以内
トーンコントロール
 10ステップコントロール。
 ターンオーバー・ポイント
  低音=200,500Hz、
  高音=2kHz,7kHz 
低音。
  500Hz=±10dB(100Hz)、200Hz=±10dB(50Hz)、2dBステップ。
高音。
  2kHz=±10dB(10kHz)、7kHz=±10dB(50kHz)、2dBステップ。
ラウドネスコンペンセーター COMP1=+6dB(50Hz)
COMP2=+9dB(50Hz)
COMP3=+10dB(50Hz)、+4dB(15kHz)、+6dB(20kHz)。
(ボリュームコントロール、-30dBにて)
サブソニックフィルター 17Hz、-12dB/oct
アッテネーター -20dB
パワーメーター 対数圧縮型ピークレベル指示、 dB及び8Ω負荷時の出力直読
負荷インピーダンス 4〜16Ω
使用半導体 113Tr、18FET、2IC、39Di
電源 100V、117V、220V、240V/50Hz、60Hz
消費電力 無入力時=100W
8Ω負荷定格出力時=490W
外形寸法 幅445×高さ160(脚含む)×奥行370mm
重量 20kg
価格/発売日 ¥250,000 /1978年
別売 ウッドキャビネット A-8、\15,000
                                e-303z
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2015 Amp Repair Studio All right reserved.