Accuphase C−200X. 2台目修理記録
平成14年5月22到着 平成14年6月18日完成
A. 修理前の状況
  接点の不良か、片側チャンネルの音声が途切れることがある。
  特にSW投入直後に多発し、温まるに従い収束に向かうが完全には安定しない。
  右側CHの低音が出にくいように思われる。
  これらの現象はPHONO,AUXとも共通です。
  シーリングポケットが緩いように思われ、開くときパタンと落ちる感じがある。

B. 原因
  リレー不良
  ハンダ不良
C. 修理状況
  入出力切り替えリレー交換
  配線手直し、補強
  各種基板ハンダ補正多数 
  シーリングポケット修理
D. 使用部品
  リレー             5個
  
E. 修理費  30,000円   通常修理

1. 入出力切り替えSW、古い接点復活材の使用で緑青が出ている、
  接点復活材を付けたブラシでこすり取る
  出来れば全部バラシて分解清掃が理想=オーバーホール修理
2. 左=取り外した古い物             右=交換する新しい物、密閉構造の物
3. EQ−AMPの修理  半固定VR交換
4. EQ−AMPの修理 半田補正作業
5. 幾らアキフェーズといえども年には勝てない、ご覧の様にハンダ不良が多数発生している。
  銅/鉄/鉛の温度膨張係数が異なるので、長年の温度変化にさらされて、ひび割れてくる
6. ハンダ不良場所
7. 出力基板修理 半固定VR交換
8. 出力基板修理 半田補正作業
9. MC−AMP基板修理
  半田補正作業
10. 完成 上から見る
  真ん中基板は左より、LR出力AMP、LR−EQ−AMP、MC−AMPの順
11. 完成 下から見る
  差込基板のソケットは皆ハンダ補正をする
12. 出力/歪み率測定
13. 出力電圧2V 歪み率=0.0?% 測定レンジ=0.1%  1000HZ MC入力
   この測定機器では計測出来ず
14. 出力電圧2V 歪み率=0.0?% 測定レンジ=0.1%  400HZ  MC入力
   この測定機器では計測出来ず
15. 出力電圧2V 歪み率=0.0?% 測定レンジ=0.1%  1000HZ MM入力
   右下オシロ入力波形=2mV
16. 出力電圧2V 歪み率=0.0?% 測定レンジ=0.1%  400HZ MM入力
   右下オシロ入力波形=2mV
17. 出力電圧2V 歪み率=0.0?% 測定レンジ=0.1%  1000HZ AUX入力
   右下オシロ入力波形=100mV
18. 出力電圧2V 歪み率=0.0?% 測定レンジ=0.1%  400HZ AUX入力
   右下オシロ入力波形=100mV
19. 前蓋(シーリングポケット)も修理完了
                           c-200X2j
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2014 Amp Repair Studio All right reserved.