Sansui AU−X1. 3台目修理記録
平成14年1月18日到着    平成14年2月9日完成
寸評 MC−AMPのFETを探すのに苦労しました
  1.  修理前の状況
    YAHOOオ−クションで購入、1週間でプロテクト動作。
    左右CHから音が出ない。
    メインボリューム/バランスのVRのガリ音あります。

  2.  原因
    TR(トランジスター)等の劣化

  3.  修理状況
    メインAMPのバランス/バイアス半固定VR交換、13mmΦ高級品。
    メインAMPの初段FET交換
    フラット/コントロールAMPの初段FET(電解トランジスター)交換。
    EQ−AMPの初段FET交換。
    MC−AMPの初段FET交換。
    SP接続リレー交換。
    取り外し、各基板の半田不良を修理します、所謂、半田補正作業。
    各基板の電源電解コンデンサーを増量交換します。

  4.  使用部品
    SP接続リレー                      1個
    バランス、バイアス調整用 半固定VR       6個
    FET(電界トランジスター)              34個
    電解コンデンサー                   14個
    TR(トランジスター)                  28個

  5.  修理費  35,000円     通常修理。

1. 修理前のEQ(イコライザー)基板表
2. 修理後のEQ(イコライザー)基板表、上の箱は交換した部品
3. 修理後のEQ(イコライザー)基板裏
4. 修理前のMC−AMP基板表
5. 修理後のMC−AMP基板表
  この後、FET(電界トランジスター)にノイズが出るので、RL24個交換
6. MC/MM切り替えリレー交換
  同等品が無く、配線替えが必要
7. ドライブ基板の修理、バイアス/バランスVR、初段FET交換。
8. 定電圧基板の修理。
9. プロテクト基板の修理、電解コンデンサーの容量抜け
10. 修理完成、とにかく重たい。
11. 出力/歪み率測定・調整 
12. 出力/歪み率測定・調整  36V=162W 歪み率0.04% at=1000HZ
13. 出力/歪み率測定・調整  36V=162W 歪み率0.04% at=400HZ
14. 24時間エージング
             aux1-3-e
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2006 Amp Repair Studio All right reserved.