Sansui SM−A1. 2台目修理記録
平成26年11月14日到着   27年10月23日修理中止
A. 修理前の状況
  • 最近、まったく音が音が出ない、片CHから音が出る という症状で悩んでいました。


T. 修理前点検測定

B. 原因
  • 経年劣化。


C. 修理状況
  • 1部FET(電解トランジスター)交換
    電解コンデンサー交換(オーディオコンデンサー使用)。
    配線手直し、補強。


D. 使用部品
  • FET(電解トランジスター)                    4個。
    電解コンデンサー                         35個。
    リレー                                2個。


F. 修理費  90,000円    オーバーホール修理。 27年10月23日修理中止。

S. Sansui SM−A1 の仕様(マニアル・カタログより)

A. 修理前の状況
A11. 点検中 前から見る
A12. 点検中 前右から見る
A13. 点検中 後から見る
A14. 点検中 後左から見る
A15. 点検中 上から見る
A21. 点検中 下前から見る
A22. 点検中 下前左から見る
A23. 点検中 下後から見る
A24. 点検中 下後右から見る
A25. 点検中 下から見る
A31. 点検中 下蓋を外し、下から見る
A32. 点検中 電源部に修理履歴あり。
A33. 点検中 半田忘れ!
T. 修理前点検測定
T1. 出力・歪み率測定。
    「見方」。
   上段中 右側出力を「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」により測定。
         表示LED、 左端=メモリーNo、 中左=周波数測定、 中右=出力電圧測定、 右端=歪み率測定。
   上段右端 VP−7723Bの基本波除去出力を「Tektronix TDS−2024(200MHZ)」で「FFT分析」表示。
          VP−7723Bで増幅された物を分析していますので、レベルは相対的比較です。
          よって、測定条件が変わる場合は比較検討は無意味です
   下段中 左側出力を「Audio Analyzer Panasonic VP−7723B」により測定。
         表示LED、 左端=メモリーNo、 中左=周波数測定、 中右=出力電圧測定、 右端=歪み率測定。
   下段右端 VP−7723Bの基本波除去出力を「Tektronix TDS−2024(200MHZ)」で「FFT分析」表示。
   下段左端 オーディオ発振器 VP−7201A より100Hz〜10kHzの信号を出し(歪み率=約0.003%)、ATT+分配器を通し、AMPに入力。
          よって、ダイアル設定出力レベルより低くなります。測定機器の仕様や整備の様子はこちら、「VP−7723B」「VP−7201A
T2. 1kHz入力、R側SP出力電圧18V=40W出力、 8.52%歪み。
            L側SP出力電圧18V=40W出力、 7.33%歪み。
             「FFT分析」のオシロのカーソル周波数、左=2.5kHz、右=10kHz。
S. Sansui SM−A1 の仕様(マニアルより) 
定格出力
寸法 W×H×Dmm
重量
                  sm-a1_2f
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。  Copyright(C) 2014 Amp Repair Studio All right reserved.