Sansui CA−3000. 5台目 修理記録
平成17年1月18日到着 3月20日返却
A. 修理前の状況
  •  片側出力なし
     
B. 原因
  • 経年による劣化

C. 修理状況
  • 出力リレー交換
    TR(トランジスター)交換
    バランスVR交換
    電解コンデンサー交換(オーデオコンデンサー使用)
    フイルムコンデンサー交換
    各基板の半田不良を修理します、所謂、半田補正作業
    電源SW交換
    VUメータランプ交換
    VUメータ修理
    ボリューム分解・清掃
    電源投入リレー回路増設

D. 使用部品
  • 出力リレ−                              2個
    TR(トランジスター)                        58個
    バランス半固定VR                         7個
    電解コンデンサー                         119個
    フイルムコンデンサー                        4個
    メータランプ                              4個
    メタライズフイルムコンデンサー                 63個
    電源投入リレー(10A接点容量)

E. 調整・測定

EE. 上位測定器による 調整・測定

F. 修理費      135,000円  お馴染み様価格=3台目より。
                           オーバーホール修理。
                          4台目の所有者なので部品取りとして保管するので返却。

A. 修理前の状況
A−1. 修理前点検中 上から見る 幾つかの機器から集めたのか、左の2枚のEQ基盤が異なる
A−2. 修理前点検中 下から見る
A−3. 修理前点検中 電源回路にラッシュカーレント防止に抵抗が挿入されている
               この様なAMPの外部の電源回路を強化しても意味が無い <<詳しくはこちら参照>>
A−4. 修理前点検中 電源基板
               故障の原因がコネクターの接触不良? コネクターが外され、引き出し線が半田付けされている
               お陰で、修理は大変!
A−5A. 修理前点検中 メイン基板
               故障の原因がコネクターの接触不良? コネクターが外され、引き出し線が半田付けされている
               お陰で、修理は大変!
A−5B. 修理前点検中 メイン基板  接点復活材の使用でべたべた!
               故障の原因がコネクターの接触不良? コネクターが外され、引き出し線が半田付けされている
               お陰で、修理は大変!
A−6. 修理前点検中 ヘッドホーンAMP基板
               故障の原因がコネクターの接触不良? コネクターが外され、引き出し線が半田付けされている
               お陰で、修理は大変!
A−7. 修理前点検中 コントロールAMP基板
               故障の原因がコネクターの接触不良? コネクターが外され、引き出し線が半田付けされている
               お陰で、修理は大変!
A−8. 修理前点検中 コントロールAMP基板
               故障の原因がコネクターの接触不良? コネクターが外され、引き出し線が半田付けされている
               お陰で、修理は大変!
A−9. 修理前点検中 メインVR基板
               故障の原因がコネクターの接触不良? コネクターが外され、引き出し線が半田付けされている
               お陰で、修理は大変!
A−A. 修理前点検中 フイルター基板
               故障の原因がコネクターの接触不良? コネクターが外され、引き出し線が半田付けされている
               お陰で、修理は大変!
C. 修理状況
C−3A. 修理前 定電圧基板1
C−3C. 修理前 定電圧基板1裏
C−4A. 修理前 定電圧基板2
C−4C. 修理前 定電圧基板2裏
C−5A. 修理前 定電圧基板3
C−5C. 修理前 定電圧基板3裏
C−6A. 修理前 R−EQ−AMP基板
C−6C. 修理前 R−EQ−AMP基板裏
C−7A. 修理前 L−EQ−AMP基板
C−7C. 修理前 L−EQ−AMP基板裏
C−9A. 修理前 コントロールAMP基板
C−9C. 修理前 コントロールAMP基板
                   ca30005m
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2006 Amp Repair Studio All right reserved.