Sansui BA−F1 修理記録
平成13年10月
A.修理前の状況
 現在プロテクターが働いてしまいまったく音の出ない状況となっています。
 プロテクターが働く寸前には軽くノイズが入りました。
 電源は問題なく入ります。

B.原因
 メインAMPのTR(トランジスター)劣化
 プロテクトAMPの専用IC不良

C.修理状況
 インAMPの調整用 半固定VR交換
 メインAMPのFET(電界トランジスター)交換、
 SP接続リレー交換(容量1.5倍の同型新タイプ使用)
 各ツマミがた修理
 SP接続端子のネジ修理
 配線手直し、補強

D.使用部品
 終段TR(トランジスター)SP接続リレ−     2個
 バランス、バイアス調整用 半固定VR     4個
 メインAMPのFET(電界トランジスター)     2個
 コンデンサー                      2個
 プロテクト専用IC                   1個

E.修理費  19,800円     通常修理。

1.上蓋を開け、清掃後
2.プロテクト基板の修理、AMPプロテクト専用ICの交換
3.下蓋を開け、清掃後。
4.ドライブ基板の修理、左=修理前、右=修理後。
5.バランス調整。
6.バイアス調整
7.出力測定 30V=110W
8.出力測定 30V=110W
9.定格出力による、30分実働試験
10.同年代のプレイヤーと仲良く 12時間エージング
  明日はそれぞれ、別々のご主人の元へ、帰る。.
     
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2006 Amp Repair Studio All right reserved.