Sansui AU−9900.  4台目修理記録 
14年12月13日到着  2月14日完成
  • A. 修理前の状況
     Yahooオークションで落札したものですが、前オーナーの話によると、 トーン回路を経由したときにのみ、ノイズが入り、 他は正常ということでした。 実際、こちらの手元に届いたときも、トーン回路を経由しなければ、まったく問題なく動作してくれました。 このトーン回路ですが、届いた当初は電源を入れて最初の5分くらいは、 ONにすると左スピーカーからノイズがボソボソ聞こえた後、 右からスピーカーが壊れそうなくらいのノイズが「バン!」と出るのですが、 10分ほど経つと、まったくノイズは聞こえなくなり、 普通にトーン回路もつかえました。 そういうように使っていて、使い始めてから3日くらい過ぎると、 もう最初からトーン回路をONにしてもまったく普通に使えるようになりました。
     そんなこんなで使っていたのですが、つい2日前に、突然プロテクターが作動し、 音が出力されなくなりました。 プロテクターが作動したり解除されたりを繰り返し、正常に聞けたものではありません。 最初はそのトーン回路がもう完全にいかれてしまって、強力なノイズを出し、だからプロテクターが働いたのでは、と考え、 だったらプリを購入して、これはメインを使おうと考えて、前に使っていたDENONのPMA-1500のプリアウトと、 セパレートにしたAU-9900のメインインをつなげて使おうとしたのですが、やっぱりプロテクターが働き、 もうどうしようもありません。 何もつないでいない状態(アンプのコンセントだけつないでいる状態)でも、プロテクターが 作動してしまいます。

  • B. 原因
     経年変化による劣化、何回か修理履歴がある、最後の修理方法が悪い

  • C. 修理状況
      SP接続リレー交換
      メインAMPバイアス/バランス半固定VR交換
      メインAMP初段TR(トランジスター)交換
      コントロールAMP初段TR(トランジスター)交換
      EQ−AMP TR(トランジスター)交換
      結合コンデンサ交換
      電源SW修理&交換
      3Pインレット電源ソケット取り付け
      SW、VR清掃
      配線手直し、補強
      経年劣化による各部ハンダ補正
      チュンUPの為に、大型コンデンサーを除く全電解コンデンサーをオ−ディオコンデンサー(ミューズ)に交換

  • D. 使用部品
      SP接続リレー                      1個
      メインAMPバイアス/バランス半固定VR     4個
      メインAMP初段TR(トランジスター)     +
      コントロールAMP初段TR(トランジスター) +
      EQ−AMP TR(トランジスター)      =  28個 + 再修理16個
      結合コンデンサー交換                8個
      電解コンデンサー(ミューズ)            44個

     
  • E. 調整

  • F. 修理費   80,000円    オーバーホール修理。

  • G. 再修理
             TR(トランジスター)31個交換

A. 修理前の状況
A−1. 修理前  雑音がコネクターと思い半田付けした物 その1
          お陰で、修理は倍の時間が必要、基盤が抜けない
A−2. 修理前 雑音がコネクターと思い半田付けした物 その2
A−3. 修理前 雑音がコネクターと思い半田付けした物 その3 コントロール部
A−4. 修理前 雑音がコネクターと思い半田付けした物 その4
A−5. 修理前 交換してある終段抵抗、終段TR が綺麗なので交換してある。 これらの修理が施されたのは大事故の証拠
     熱のため、流れだし、全くないシリコン・グリス
     終段終段TR(トランジスター)が元気だと良いですが?
C. 修理状況
C−1A. 修理後 整流基盤
C−1B. 修理前 整流基盤裏
C−1C. 修理(半田補正)後 整流基盤裏 全半田やり直す
C−1D. 修理前 終段TR(トランジスター)NPN側
C−1E. 修理前 終段TR(トランジスター)基盤
C−1F. 修理(半田補正)後 終段TR(トランジスター)基盤 全半田やり直す
C−1G. 修理後 終段TR(トランジスター)
C−1H. 修理前 終段TR(トランジスター)PNP側
C−1I. 修理前 終段TR(トランジスター)基盤
C−1J. 修理(半田補正)後 終段TR(トランジスター)基盤 全半田やり直す
C−1K. 修理前 終段TR(トランジスター)
C−2A. 修理前 ドライバ−基盤
C−2B. 修理後 ドライバー基盤 初段TR(トランジスター)4個 半固定VR4個 電解コンデンサー8個交換
           結合コンデンサーをメタライズドフイルムコンデンサーに交換=上の茶色の2個+裏に2個
C−2C. 修理前 ドライバー基盤裏
C−2D. 修理(半田補正)後 ドライバー基盤裏 全半田やり直す
C−3A. 修理前 整流プロテクト基盤
C−3B. 修理後 整流プロテクト基盤 SP接続リレー 電解コンデンサ5+裏2個交換
C−3C. 修理前 整流プロテクト基盤裏
C−3D. 修理(半田補正)後 整流プロテクト基盤裏 全半田やり直す
C−3E. 修理前 定電圧基盤
C−3F. 修理後 定電圧基盤 電解コンデンサー9個交換
C−3G. 修理前 定電圧基盤裏
C−3H. 修理(半田補正)後 定電圧基盤裏 全半田やり直す
C−4A. 修理前 コントロール(低音+高音)基盤
C−4B. 修理後 コントロール(低音+高音)基盤 初段TR(トランジスター)2個 電解コンデンサー4個交換
C−4C. 修理前 コントロール(低音+高音)基盤裏
C−4D. 修理(半田補正)後 コントロール(低音+高音)基盤裏 全半田やり直す
C−4E. 修理前 コントロール(中音)基盤
C−4F. 修理後 コントロール(中音)基盤 初段TR(トランジスター)2個 電解コンデンサー4個交換
C−4G. 修理前 コントロール(中音)基盤裏
C−4H. 修理(半田補正)後 コントロール(中音)基盤裏 全半田やり直す
C−4I. 修理前 メインVR基盤 このVRは特殊な2軸構造
C−4J. 修理後 メインVR基盤 初段複合TR2個 電解コンデンサー4個 メタライズドフイルムコンデンサー2個交換
C−4K. 修理前 メインVR基盤裏
C−4L. 修理(半田補正)後 メインVR基盤裏 全半田やり直す
C−4M. 修理前 フイルター基盤
C−4N. 修理後 フイルター基盤 電解コンデンサー2個交換
C−4O. 修理前 フイルター基盤裏
C−4P. 修理(半田補正)後 フイルター基盤裏 全半田やり直す L型金具を取らないと出来ない
C−4Q. 修理(半田補正)後 SW基盤裏 全半田やり直す
C−5. 修理中 パネルを取り基盤を取り出す
C−6A. 修理前 EQ_AMP基盤
C−6B. 修理後 EQ_AMP基盤 初段TR(トランジスター)2個 電解コンデンサ6個交換 
C−6C. 修理前 EQ_AMP基盤裏
C−6D. 修理(半田補正)後 EQ_AMP基盤裏 全半田やり直す
C−7A. 修理(半田補正)後 RCA端子基盤 全半田やり直す
C−7B. パネル、ツマミ清掃
C−8A. 修理前 上から
C−8B. 修理後 上から
C−8C. 修理前 下から
C−8D. 修理後 下から
C−9. 交換部品
E. 測定・調整
E−1. 出力/歪み率測定・調整
E−2A. 出力/歪み率測定・調整  出力=25V=78W 歪み率0.03% at=1000HZ AUX端子入力
E−2B. 出力/歪み率測定・調整  出力=25V=78W 歪み率0.03% at=400HZ AUX端子入力
E−3A. 出力/歪み率測定・調整  出力=24V=72W 歪み率0.05% at=1000HZ MM端子入力
E−3B. 出力/歪み率測定・調整  出力=24V=72W 歪み率0.05% at=400HZ MM端子入力
E−5. 24時間エージング。
G. 再修理
G−1. トーンON時ノイズ出る ついでなので、プリ部全TR(トランジスター)交換する
                      au990031t
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2006 Amp Repair Studio All right reserved.