Sansui AU−11000 修理記録
平成13年10月
A. 修理前の状況
 ヤフーオークションで落札したAU-11000プリメインアンプが届くなり10分後にリレー回路が働き切れてしまい
 スイッチ自体ランプもつかなくなくました。 フューズを見たのですが異常なさそうです。
 送られてきたときにスピーカーからの異音を10分後にボリュームを絞り聞いて見ましたがバリ音などはなかったのですが。
 そのときに一時的に右の音が切れてします状況もありましたが2分ほどで復音しました。

B. 原因
 メインAMPのTR(トランジスター)劣化
 フラットAMP、イコライザーAMPのTR(トランジスター)の劣化

C. 修理状況
 メインAMPのバランス、バイアス調整用 半固定VR交換
 メインAMPのTR(トランジスター)交換
 コントロールAMPのTR(トランジスター)、FET(電界トランジスター)交換、
 イコライザーAMPのTR(トランジスター)、FET(電界トランジスター)交換
 SP接続リレー交換(容量1.5倍の同型新タイプ使用)
 配線手直し、補強
 経年劣化による各部ハンダ補正

D. 使用部品
 終段TR(トランジスター)
 SP接続リレー
 バランス、バイアス調整用 半固定VR       4個
 メインAMPのTR(トランジスター)             8個
 コントロールAMP−TR(トランジスター)      12個
 イコライザーAMP−TR(トランジスター)      6個
 コントロールAMP−FET(電界トランジスター) 4個
 イコライザーAMP−FET(電界トランジスター)  4個
 電解コンデンサー                   6個
 抵抗    8個

E. 修理費 35,000円    通常修理。


1. 上蓋を開け、前上から見た全体、シリコンが塗って(吹きつけ)ありべたべた。
  写真写りを良くするために、吹き付けたと思われる。
2. 下蓋、上とは対照的に、何もしていない。埃だらけ!!
3. SP接続リレー交換、新しいのは1.5倍の容量お持つ。
3. 終段TR(トランジスター)交換前。
  放熱を良くするシリコングリスが、熱のため流れたのか、殆ど付着していない。
4. 終段TR(トランジスター)交換後。
  180W損失を持つ新品を4個使用、古い150W損失のと、バランス良く混在させる。
5.  修理中のメインAMP基板。
 多分ノイズがでて、その原因と思いこみ、コネクターを取り外し、ハンダ付けしてある。
 初心者が犯す、ミス。 お陰で作業性が非常に悪い。
6. 修理後のメインAMP基板。
 やはり、古い機器なので、殆どのTR(トランジスター)を交換した
7. 基板裏の銅泊面、ハンダは十分盛る。
8. EQ(イコライザー)_AMPの修理。
9. 終段TR(トランジスター)バイアス、バランス調整。
10. 出力測定、110Wクリヤー
11. 出力測定、30V×30V/8=112.5W
       a907imoal
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2006 Amp Repair Studio All right reserved.