Sansui AU−777 修理記録
平成15年5月16日  6月20日完成
  • A. 修理前の状況
    故障箇所は、まずPOWERランプが点かない。
    POWER−SWを入れるとスピーカーから、ノイズが出る。
    それから音が出る時と出ない時がある。
    出ない時は、MODE、MUTING、TAPEMONITORのスイッチや、VOLUME、BALANCEのつまみを「 カチャ・カチャ」とあちこち、いじっているとだんだん音が出るようになってきます。
    音が出ることは出るのですが、調子いい時と悪い時があるのです。

  • B. 原因
      コンデンサー劣化

  • C. 修理状況
      調整用半固定VR交換
      終段TR交換
      初段TR交換
      配線手直し、補強
      各部、半田補正
      電解コンデンサー交換

  • D. 使用部品
      半固定VR                             5個
      終段TR                               4個
      TR(トランジスター)                      16個
      電解コンデンサー                        40個
      フイルムコンデンサー                     8個
      ブロック電解コンデンサー                   6個

  • E. 測定・調整

  • F. 修理費       48,000円    通常修理。

A. 修理前の状況
A−1. 修理前 上から見る
A−2. 修理前 下から見る
A−3. 修理前 液漏れしたブロック電解コンデンサー、 左は底板
A−4. 修理前 同電圧、同容量の電解コンデンサー比較、 化学の進歩は凄まじい
A−5. 修理前 古い半固定VR
C. 修理状況
C−1A. 修理前 上から見る
           熱でシリコングリスが流れ出し殆ど無い
C−1B. 修理後
C−2A. 修理前 右終段基板
C−2B. 修理後 右終段基板 半固定VR交換
C−2C. 修理前 右終段基板裏
C−2D. 修理(半田補正)後 右終段基板裏
C−2E. 修理前 左終段基板
C−2F. 修理後 左終段基板 半固定VR交換
C−2G. 修理前 左終段基板裏
C−2H. 修理(半田補正)後 左終段基板裏
C−3A. 修理前 ドライブ基板
C−3B. 修理後 ドライブ基板 半固定VR2個、電解コンデンサー20個 TR(トランジスター)4個交換
C−3C. 修理中 ドライブ基板裏
C−3D. 修理(半田補正)後 ドライブ基板裏 
C−4A. 修理前 コントロール基板
C−4B. 修理後 コントロール基板 電解コンデンサー18個、フイルムコンデンサー6個、TR(トランジスター)8個交換
C−4C. 修理中 コントロール基板 裏
C−4D. 修理(半田補正)後 コントロール基板裏
C−5A. 修理前 EQ−AMP
C−5B. 修理後 EQ−AMP 電解コンデンサー8個、TR(トランジスター)4個交換
C−5C. 修理前 EQ−AMP裏
C−5D. 修理(半田補正)後 EQ−AMP裏
C−6.電解コンデンサーの交換  左=交換後、 右=交換前
C−7. パネル清掃
C−8. 交換部品
C−8A. 修理後 上から
C−8A. 修理後 上から
C−8B. 修理前 下から
C−8B. 修理後 下から
E. 測定・調整
E−1. 出力/歪み率測定・調整
E−2A. 出力/歪み率測定・調整  出力=15V=28W 歪み率0.7% at=1000HZ AUX端子入力
E−2B. 出力/歪み率測定・調整  出力=15V=28W 歪み率0.7% at=400HZ AUX端子入力
E−3A. 出力/歪み率測定・調整  出力=15V=28W 歪み率0.7% at=1000HZ MM端子入力
E−3B. 出力/歪み率測定・調整  出力=15V=28W 歪み率0.7% at=400HZ MM端子入力
E−5. 24時間エージング。
                       au777-u
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2006 Amp Repair Studio All right reserved.