Sansui AMP AU−α907 修理記録 
 平成14年5月6日到着  6月6日終了
寸評 なかなか出来ないでしょうが、この位の内のオ−バ−ホ−ルするのが賢明です。
    プロテクトを多用して、TR(トランジスタ−)に沢山ストレスをあたえ手からでは、遅いです。

A.修理前の状況
 完全オ−バ−ホ−ル。

B.原因
 各部劣化の復元

C.修理状況
 SP接続リレ−交換
 メインAMPバイアス/バランス半固定VR交換
 終段TR(トランジスタ−)交換
 メインAMP初段FET交換
 コントロ−ルAMP初段FET交換
 EQAMP初段FET交換
 各AMPカプリング電解コンデンサ−をBPコンデンサ−に交換
 半田補正

D.使用部品
 SP接続リレ−                 2個
 半固定VR                   12個
 終段TR(トランジスタ−)           16個
 メインAMP初段FET              2個
 コントロ−ルAMP初段FET          4個
 EQAMP初段FET               4個
 電源コンデンサ−               12個

E.修理費 52,000円      通常修理。

1.修理前の片側メインAMP基板。
  下に8個付いているのが、終段TR(トランジスタ−)損失=125W。
2.修理後の片側メインAMP基板
  下に8個付いているのが、終段TR(トランジスタ−)損失=180Wに交換
  これで、増幅率も上がり前段が楽になる。
  カップリングコンデンサ−はBPコンデンサ−交換
  4個の半固定VRも13φ密閉型(金メッキ足)に交換
  初段FET(電界トランジスタ−)交換
3.メインAMP基板の半田補正
  量産で、「ドブツケ半田」なので熱を持つ所、力の加わる所は半田不良になりやすい
4.SP接続リレ−交換
5.プロテクト基板の半田補正
6.EQ(イコライザ−)AMPの修理
7.コントロ−ルAMPの修理、取り出すの大変
  FET(電界トランジスタ−)交換、
  カップリングコンデンサ−はBPコンデンサ−交換。
8.バッファAMPの修理、初段FET(電界トランジスタ−)交換
  半固定VR交換、カップリングコンデンサ−はBPコンデンサ−交換。
9.バッファAMP基板の半田補正
10.ガラスクリ−ナ−でパネルの洗浄。黄色いのはタバコのヤニ。
11.出力/歪み率測定
12.R出力42V=200W/8Ω 歪み率=0.03%(測定レンジ0.1%)、400HZ
   終段TR(トランジスタ−)が良いと軽く出る、入力端子MM=2mV
13.L出力42V=200W/8Ω 歪み率=0.03%(測定レンジ0.1%)、4000HZ
   終段TR(トランジスタ−)が良いと軽く出る、入力端子MM=2mV
14.R出力42V=200W/8Ω 歪み率=0.03%(測定レンジ0.1%)、1000HZ
   終段TR(トランジスタ−)が良いと軽く出る、入力MM端子=2mV 
15.L出力42V=200W/8Ω 歪み率=0.03%(測定レンジ0.1%)、1000HZ
   終段TR(トランジスタ−)が良いと軽く出る、入力端子MM=2mV 
16.完成、下から見る
17.完成、上から見る
18.交換部品
       
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2006 Amp Repair Studio All right reserved.