Sansui AU−9500 修理記録 
平成13年9月25日
A.修理前の状況
  Lチャンネルから「ガリガリ」という音がしはじめる。
 電源を落とし、再度、入れなおしてしばらくの間は大丈夫ですが、
 30分もするとLチャンネルから「ガリガリ」という音がしはじめ、
 だんだん大きくなり「バリバリ」という音になってプロテクトが働き音が鳴らなくなります。
 以前3年前くらいに修理したのですがまたおかしくなってきた

B.原因
 メインAMPのTR(トランジスター)劣化
 フラットAMP、イコライザーAMPのTR(トランジスター)の劣化

C.修理状況
 メインAMPのバランス、バイアス調整用 半固定VR4個交換
 メインAMPのTR(トランジスター)16個交換
 イコライザー、フラットAMPのTR(トランジスター)16個交換
 配線手直し、補強
 経年劣化による各部ハンダ補正

D.使用部品
 バランス、バイアス調整用 半固定VR    4個
 TR(トランジスター) 32個
 こんでんさー  4個

E.修理費   22,000円    通常修理。

1.前上から見た全体
2.修理前のドライブ基板
3.修理前のドライブ基板=左、  修理後のドライブ基板=右
4.ハンダの盛り直しをした、プロテクト回路基板
5.磨く前のSP接続用リレー
  金メッキしてあっても、ご覧のようになる。
6.磨いたSP接続用リレー
  金メッキしてあるので、ご覧のようになる。
7.組み付けたSP接続用リレー
  ケースを被せる前。
8.コントロール基板のTR(トランジスター)交換
9.バイアス調整
9.出力測定
10.交換した部品
      
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2006 Amp Repair Studio All right reserved.