Sansui AU−9500.   4台目修理記録 
14年1月17日到着  3月23日完成
A. 修理前の状況
  かなり状態が酷いので、部品取りを1台入手し、良い物を選別して使用する。

B. 原因
 経年変化、及び雨に当たった形跡有り

C. 修理状況
 下記参照
 配線手直し、補強
 経年劣化による各部ハンダ補正

D. 使用部品
 部品取りを1台

E. 修理費   48,000円    通常修理。

1. SP接続用リレーの交換、左端が交換した古い物、及び基板の半田補正
2. 修理前のドライブ基板
3. 修理後のドライブ基板、FET(電界トランジスター)、TR(トランジスター)、半固定VR交換
  下の4個のキャンタイプTR(トランジスター)も交換し、シリコングリスを塗布し取り付ける
4. 修理前のドライブ基板裏、手付け半田でも経年変化には勝てない
5. 半田補正後(やり直し)後のドライブ基板、光っているところ、丸く盛り上がっている所が補正した場所
6. 終段TR(トランジスター)を外した所、シリコングリスが殆ど無い
7. シリコングリスを塗り取り付けた終段TR(トランジスター)
8. コントロールAMP基板/フラットAMP基板、VR(ボリューム)、SWの清掃のため解体する
9. 真っ黒なSWも、磨けば、ご覧の様に綺麗になります
10. フラットAMP基板修理、全TR(トランジスター)/FET(電界トランジスター)交換
11. パネル、ツマミ清掃
12. EC(イコライザー)AMP修理、全TR(トランジスター)/FET(電界トランジスター)交換
13. 出力測定
14. 出力26V=85W 歪み率0.08% 400HZ
15. 出力26V=85W 歪み率0.08% 1000HZ
16. 完成、上から見る
17. 完成、下から見る
18. 完成
                       9500-4i
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2006 Amp Repair Studio All right reserved.