Sansui AU−D907X 修理記録
平成13年8月
A.修理前の状況
 スピーカから時々「プツプツ」と音がする。
 ボリュームを最小にしても音が漏れる。 
 演奏中にスタンバイ状態(プロテクトが働く)に成る。

B.原因
 誰かが修理に、挑戦し、症状を更に悪化させた形跡有り。
 メインアンプの配線のハンダ不良、及びSP端qのハンダ付け不良
 この原因が解からず、半固定VRをいじりすぎ、更にこれが接触不良になる。

C.修理状況
 メインAMPのバランス、バイアス調整用 半固定VR6個交換
 SP出力端子接触不良修理
 配線手直し、補強
 経年劣化による各部ハンダ補正

D.使用部品
 バランス、バイアス調整用 半固定VR    6個

E.修理費   12000円    通常修理。

1.メインAMPの半固定バランスVR+バイアスVRの交換
2.半固定VRの交換拡大図 丸く青い部品=6個
3.SP接続端の修理
  故障の少ないところなので、取り出すのが大変
4.バランス調整
 右オシロ=R出力 縦目盛り=5mV
 左オシロ=L出力 縦目盛り=5mV
5.バイアス調整
  右オシロ=   縦目盛り=20mV 
  左オシロ=   縦目盛り=20mV
6.接触不良(ハンダ付け不良)の場所 赤マークの上
     
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。Copyright(C) 2006 Amp Repair Studio All right reserved.