Sansui AU−D907X.  8台目修理記録
平成14年8月5日到着  8月26日完成 
注意 このAMPはRL−SPのアース側にもAMPが入っています
    よって、AMPのシャーシにSPの線(アース側)を接続してはいけません、共通にしてもいけません、終段TRが死にます
  1. 修理前の状況
    症状は、電源を入れてから3分から5分くらいくすると、 スピーカーから「ブツン」という大きな音がして、切れて しまいます
    そのままにしていると、しばらくして音が 出始めるのですが、また、3分から4分くらいすると、 同様に切れてしまいます
    それの繰り返しです
    このアンプもオークションで購入したものです

  2. 原因
    TR(トランジスター)/FET(電界トランジスター)の劣化。

  3. 修理状況
    SP接続リレー交換
    メインAMPのバランス/バイアス半固定VR交換
    メインAMPの初段FET交換
    フラット/コントロールAMPの初段FET交換
    コントロール基板FET交換
    取り外し、各基板の半田不良を修理します、所謂、半田補正作業。
    配線手直し、補強

  4. 使用部品
    バランス/バイアス半固定VR 13mmΦ高級品   12個
    メインAMPの初段FET                   2個
    フラット/コントロールAMPの初段FET         4個
    SP接続リレ                           2個
    電解コンデンサー                       4個

     
  5. 修理費  38,000円    通常修理。


1−1. SP接続リレー交換、プロテクト基板修理
1−2. SP接続リレー基板半田補正
2−1. RLメイン・ドライブAMP基板 修理前
2−2. RLメイン・ドライブAMP基板 修理後
    初段FET、半固定VR交換
2−3. RLメイン・ドライブAMP基板裏 修理前
2−4. RLメイン・ドライブAMP基板裏 半田補正
2−5. RLメイン・ドライブAMP基板取り付け
3−1. 低電圧基板、コントロール基板、メインVR、バランスVR修理、入力表示ランプ交換
3−2. 修理前 定電圧基板
3−3. 修理後 定電圧基板
3−4. 修理前 コントロール基板、赤いマジックの所が半田不良の所
3−5. 修理後 コントロール基板
4−1. EQ基板修理前
4−2. EQ基板修理後
    初段FET、半固定VR、カップリング・コンデンサー交換
4−3. EQ基板裏修理前
4−4. EQ基板裏 半田不良場所
4−5. EQ基板裏修理(半田補正)後
4−6. SW基板裏修理前
4−7. SW基板裏修理(半田補正)後
5. パネル清掃
6−1. 完成 上から
6−2. 完成 下から
7−1. 出力/歪み率確認・調整
7−2. R出力36V=162W 歪み率=0.09% 1000HZ AUX入力
7−3. R出力36V=162W 歪み率=0.09% 400HZ AUX入力
7−4. L出力36V=162W 歪み率=0.09% 1000HZ AUX入力
7−5. L出力36V=162W 歪み率=0.08% 400HZ AUX入力
7−6. R出力36V=162W 歪み率=0.03% 1000HZ MM入力
7−7. R出力36V=162W 歪み率=0.03% 400HZ MM入力
7−8. L出力36V=162W 歪み率=0.05% 1000HZ MM入力
7−9. L出力36V=162W 歪み率=0.05% 400HZ MM入力
18. 完成、引き続き30分の連続定格実働、24時間エージングに入る。
          写真紛失
20. 再修理
   EQ基板の出力TR(トランジスター)の半田不良
21. 隣の半田ポイントまで半田を盛る
                      d907x-8x
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2006 Amp Repair Studio All right reserved.