Sansui AU−D907X.  7台目修理記録
平成14年6月5日到着  6月22日完成 
注意 このAMPはRL−SPのアース側にもAMPが入っています
    よって、AMPのシャーシにSPの線(アース側)を接続してはいけません、共通にしてもいけません、終段TRが死にます
A. 修理前の状況
  今年3月ヤフーオークションにて都内の方よりお譲り頂いたもの、経年劣化が進行しているようです。
 @トランスの唸り (電源の入れ方で若干唸る音が変わります)。
 A「サー」というノイズ (ツィーターから出ます)。
 B演奏中に「ブツ」と不定期にノイズ。
 Cフィルター切り替えスイッチの接触不良 (スイッチのバネが不良?)。
 D各ボリューム、スイッチのガリ。

B.原因
 TR(トランジスター)/FET(電界トランジスター)の劣化。

C. 修理状況
  SP接続リレー交換
  メインAMPのバランス/バイアス半固定VR交換
  メインAMPの初段FET交換
  フラット/コントロールAMPの初段FET交換
  コントロール基板FET交換
  取り外し、各基板の半田不良を修理します、所謂、半田補正作業。
  配線手直し、補強

D.使用部品
 バランス/バイアス半固定VR 13mmΦ高級品   12個
 メインAMPの初段FET                   2個
 フラット/コントロールAMPの初段FET         4個
 SP接続リレ                           2個
 SP接続端子                          1個
 メインVR                            1個
 バランスVR                           1個

E. 修理費  38,000円    通常修理。
                      SP接続端子、メインVR、バランスVR支別途給。

1. SP端子、SP接続リレー交換、プロテクト基板修理
2. SP接続リレー基板半田補正
3. RLメインAMP修理
4. RLメインAMP半田補正
5. SW基板半田補正
6. EQ基板修理
7. EQ基板半田補正
8. コントロール基板修理、メインVR、バランスVR、入力表示ランプ交換
9. コントロール基板の半田補正
10. パネル清掃
11. 完成 上から
12. 完成 下から
13. 出力/歪み率確認・調整
14. 出力34V=144W 歪み率=0.05% 1000HZ AUX入力
   右=赤針=上 左=黒針=下  右下=入力波形
15. 出力34V=144W 歪み率=0.05% 400HZ AUX入力
   右=赤針=上 左=黒針=下  右下=入力波形
16. 出力34V=144W 歪み率=0.07% 1000HZ MC入力
   右=赤針=上 左=黒針=下  右下=入力波形
17. 出力34V=144W 歪み率=0.1% 400HZ MC入力
   右=赤針=上 左=黒針=下  右下=入力波形、ハムを拾っている
                      d907x-7h
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。Copyright(C) 2006 Amp Repair Studio All right reserved.