Sansui AU−D907X. 6台目修理記録
平成13年12月
注意 このAMPはRL−SPのアース側にもAMPが入っています
    よって、AMPのシャーシにSPの線(アース側)を接続してはいけません、共通にしてもいけません、終段TRが死にます
A. 修理前の状況
  YAHOOで買い、購入直後は正常に動作しました。送料入れて約4万円。
  数時間後、右側の音が出ていないことを見つけました。
 スピーカーの接続をやり直 したところ 音が出ることを確認しました。
  しかし、翌日、右側の音が出ておらず、それ以後出なくなりました。
 音源(CD,MDなど)を変えても右側の音は出ません。
 スピーカーの接続は何度もチェックしたが、効果ありません。

B.原因
 TR(トランジスター)の劣化。
 接点復活剤の多量使用か、又は何かをこぼしたか、パネル裏の基板受けに腐食あり。

C. 修理状況
  SP接続リレー交換 、基板清掃
   メインAMPのバランス/バイアス半固定VR交換
  メインAMPの初段FET交換
  メインAMPのTR(トランジスター)交換
  フラット/コントロールAMPの初段FET交換
  コントロール基板清掃、ハンダ補正
   取り外し、各基板の半田不良を修理します、所謂、半田補正作業。
  配線手直し、補強
  経年劣化による各部ハンダ補正
  EQ−AMPは使用しない

D.使用部品
 バランス/バイアス半固定VR 13mmΦ高級品   8個
 メインAMPの初段FET                   2個
 メインAMPのTR(トランジスター)            20個
 フラット/コントロールAMPの初段            4個
 SP接続リレー                         2個

E. 修理費  38,000円    通常修理。

1. 下ケース外からの腐食。
2. 下ケースを取った所。
3. 上ケースを取った所
4. 拡大1
5. 拡大2
6. パネルを取り、前から
7. SP接続リレー交換、プロテクト基板修理
8. SP接続端子、接点復活剤で「ぐちゃぐちゃ」、後でもろくなる。
9. SP接続リレー交換、左が7Aの古い物、右10Aの新しい物。
 このリレーの様に5A以上の電流が流れる所は接点復活剤は使用止。
 又、清掃しても接点が焼けているし、可動片がへたっている。
10. プロテクト基板修理、光っているのはハンダ補正した所
11. 入力RCA端子のハンダ補正
13. コントロール基板の修理。
14. ドライブ基板の修理、左=修理前、右=修理後
14. 終段TR(トランジスター)バイアスVR交換
15. 出力/歪み率確認・調整
16.  36V=162W 歪み率=0.24%
17. 完成、引き続き30分の連続定格実働、24時間エージングに入る。
                     d607X-6h
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2006 Amp Repair Studio All right reserved.