Sansui AU−D907X.  11台目修理記録
平成16年12月4日持込  平成17年2月4日完成 
注意 このAMPはRL−SPのアース側にもAMPが入っています
    よって、AMPのシャーシにSPの線(アース側)を接続してはいけません、共通にしてもいけません、終段TRが死にます
  • A. 修理前の状況
     20年程昔のことです。 仕事は大変忙しく、徹夜、休日出勤どころかトラブル対応で47時間連続勤務(仮眠もなし)といった生活をしておりました。 また、その時は私的なトラブルも重なり、法律上の決着は見ておりましたが精神的には参っており、休日は自宅で音楽と読書 という生活をしておりました。
    そんな時に出会ったのが907Xです。 徹夜あけの帰宅途中に型落ちして店先に山積みとなっていたものを衝動買いして持ち帰りました。 大変重かった事を覚えています。
    最近は私が音楽を聞くよりもPS2を接続した子供達がDVDやゲームに使うことが多くなっておりました。 ホームシアター用のAVアンプ購入も考えましたが、それではダイアトーンのDS2000が泣きます。 妻はDS2000が邪魔でAVアンプと小型スピーカーの方が嬉しいようです。
    でも、妻よりも長く一緒に生活してきた907Xを生き返らせて頂いて、あと20年使いたいと思います。 amp8様としては20年は約束出来ないところと思います。
    以下に過去の故障内容は、右チャネルから音が出なくなったものを1991か92年くらいにサンスイのサービスセンターで修理しました
       現在の不具合
      1.スピーカーAの右チャネルの音が出ない
      2.スビーカーAが駄目になった後、スピーカーBは音が出ていたのですがBの音も出なくなりました
      3.PHONO SELECTORの切り替え不良 私が認識している不具合は以上です

  • B. 原因
      釣った魚にもえさ を与えましょう
      経年劣化、EQ−AMP不良

  • C. 修理状況
     SP接続リレー交換
     電源投入リレー交換
     メインAMPのバランス・バイアス半固定VR交換
     メインAMPの初段FET交換
     コントロールAMPの初段FET交換
     取り外し、各基板の半田不良を修理します、所謂、半田補正作業。
     電解コンデンサー交換
     表示ランプ交換

  • D. 使用部品
     バランス・バイアス半固定VR 13mmΦ高級品      12個
     メインAMPの初段FET                      2個
     EQ−AMPの初段FET                      4個
     SP接続リレ                              2個
     電源投入リレー
     電解コンデンサー(ミューズ使用)               82個
     フイルムコンデンサー                       3個
     表示ランプ                             5個

  • E. 調整・測定

  • F. 調整費  95,000円    <<オーバーホール修理>>

A. 修理前の点検状況
A−1A. 点検中 上から見る すごい埃!!
A−1B. 点検中 掃除後下から見る
A−1C. 点検中 メインAMP基板
A−1D. 点検中 掃除後メインAMP基板
A−2A. 点検中 下から見る
A−2B. 点検中  ヒートシンクの埃
A−2C. 点検中 掃除後のヒートシンク
A−2D. 点検中 底板
A−2E. 点検中 掃除後底板
A−3. 点検中 SP接続リレー比較 左=付いていた接点容量7A=8Ω出力だと392W定格
                       右=交換する接点容量10A=8Ω出力だと800W定格
A−4. 点検中 交換するオーディオ用電解コンデンサー
C. 修理状況
C−1. 後パネルを外し、修理中
C−1A. 修理前 SP接続リレー基板
C−1B. 修理後 SP接続リレー基板 SP接続リレー3個、電解コンデンサー個12、フイルムコンデンサー2個交換
C−1C. 修理前 SP接続リレー基板裏
C−1D. 修理(半田補正)後 SP接続リレー基板裏
C−1E. 完成SP接続リレー基板裏、 洗浄後、コート液を塗布。
C−2A. 修理前 RL初段ドライブAMP基板
C−2B. 修理後 RL初段ドライブAMP基板 初段FET2個、半固定VR4個、電解コンデンサー12個交換
C−2C. 修理前 RL初段ドライブAMP基板裏
C−2D. 修理(半田補正)後 RL初段ドライブAMP基板裏
C−2E. 完成RL初段ドライブAMP基板裏、 洗浄後、コート液を塗布。
C−3A. 修理前 RLプロテクト基板
C−3B. 修理後 RLプロテクト基板電解コンデンサー4個交換、高性能のBPを使用したので2個→1個
C−3C. 修理前 RLプロテクト基板裏
C−3D. 修理(半田補正)後 RLプロテクト基板裏
C−3E. 完成RLプロテクト基板裏、 洗浄後、コート液を塗布。
C−4A. 修理前 メイン・ドライブAMP基板
C−4B. 修理後 メイン・ドライブAMP基板 半固定VR4個、電解コンデンサー10個交換
C−4C. 修理前 メイン・ドライブAMP基板裏
C−4C−1. 修理中 メイン・ドライブAMP基板裏 半田不良
C−4C−2. 修理後 メイン・ドライブAMP基板裏
C−4C−3. 修理中 メイン・ドライブAMP基板裏 半田不良予備軍
C−4C−4. 修理後 メイン・ドライブAMP基板裏
C−4D. 修理(半田補正)後 メイン・ドライブAMP基板裏
C−4E. 完成メイン・ドライブAMP基板裏、 洗浄後、コート液を塗布。
C−5A. 修理前 定電圧基板
C−5A−1. 修理中 定電圧基板 トルエンを使用した接着剤で腐食したダイオード
C−5B. 修理後 定電圧基板 電解コンデンサー18個増量交換
C−5B−1. 修理後 定電圧基板 パスコン3個交換
C−5C. 修理前 定電圧基板裏
C−5C−1. 修理前 定電圧基板裏 前回の修理(サンスイのサービスセンターで修理?)で放熱器のネジが止めていない!
C−5D. 修理(半田補正)後 定電圧基板裏
C−5E. 完成定電圧基板裏、 洗浄後、コート液を塗布。
C−6. 前パネルを外し修理中
C−6A. 修理前 コントロール基板
C−6B. 修理後 コントロール基板 電解コンデンサー14個交換
C−6C. 修理前 コントロール基板裏
C−6C−1. 修理中 コントロール基板裏 半田不良1
C−6C−2. 修理中 コントロール基板裏 半田不良2
C−6D. 修理(半田補正)後 コントロール基板裏
C−6E. 完成コントロール基板裏、 洗浄後、コート液を塗布。
C−7A. 修理前 ランプ基板裏・モード切替基板裏
C−7B. 修理(半田補正)後 ランプ基板裏・モード切替基板裏 ランプ5個交換
C−7C. 完成ランプ基板裏・モード切替基板裏、 洗浄後、コート液を塗布。
C−7D. 修理前 メインVR基板裏・LED表示基板裏
C−7E. 修理(半田補正)後 メインVR基板裏・LED表示基板裏
C−7F. 完成メインVR基板裏・LED表示基板裏、 洗浄後、コート液を塗布。
C−7G. 修理前 SP切り替え基板裏・イヤホーン基板裏
C−7H. 修理(半田補正)後 SP切り替え基板裏・イヤホーン基板裏
C−7I. 完成SP切り替え基板裏・イヤホーン基板裏、 洗浄後、コート液を塗布。
C−8A. 修理前 EQ基板
C−8B. 修理後 EQ基板 初段FET4個、半固定VR4個、電解コンデンサー20個交換
C−8C. 修理前 EQ基板裏
C−8C−1. 修理中 EQ基板裏 半田不良け所
C−8D. 修理(半田補正)後 EQ基板裏
C−8E. 完成EQ基板裏、 洗浄後、コート液を塗布。
C−9A. 修理前 SW基板
C−9A−1. 修理前 SW基板 ヒンジを外すときツメを折り補修した後がある(交換するのがメーカー修理では!)
C−9B. 修理前 SW基板裏
C−9B−1. 修理中 SW基板裏RCA端子半田 太く重いRCAケーブルを使うので半田不良対策
C−9B−2. 修理後 SW基板裏RCA端子半田 半田を十分盛る
C−9C. 修理(半田補正)後 SW基板裏
C−9D. 完成SW基板裏、 洗浄後、コート液を塗布。
C−AA. 修理前 電源基板裏
C−AB. 修理(半田補正)後 電源基板裏
                   写真紛失
C−9C. 完成電源基板裏、 洗浄後、コート液を塗布。
C−BA. パネルのモールが取れている修理中
C−BB. パネル修理中
C−BC. パネル清掃
C−CA. 交換部品
C−CB. 交換したリレーの接点
C−DA. 修理前 上から
C−DB. 修理後 上から
C−DC. 修理前 下から
C−DD. 修理後 下から
E. 調整・測定
E−1. 出力/歪み率確認・調整
          MC/MMの歪みが多いのは入出切り替えSW(C−9A.SW基板の上の物)が多量の接点復活材の為
    <見方>
     上左オーディオ発振器より400HZ・1KHZの信号を出す(歪み率=約0.005%)
     下中=入力波形(オーディオ発振器のTTLレベル) 下右=周波数計
     上左=SP出力の歪み率測定 左メータ=L出力、右メータ=R出力
     上中=SP出力電圧測定器、赤針=R出力、黒針=L出力
     上右=SP出力波形オシロ 上=R出力、下=L出力(出力電圧測定器の出力)
E−2A. R出力39V=190W 歪み率=0.03% 1000HZ AUX入力
E−2B. R出力39V=190W 歪み率=0.03% 400HZ AUX入力
E−2C. L出力39V=190W 歪み率=0.03% 1000HZ AUX入力
E−2D. L出力39V=190W 歪み率=0.03% 400HZ AUX入力
E−3A. R出力39V=190W 歪み率=0.03% 1000HZ MM入力
E−3B. R出力39V=190W 歪み率=0.03% 400HZ MM入力
E−3C. L出力39V=190W 歪み率=0.03% 1000HZ MM入力
E−3D. L出力39V=190W 歪み率=0.03% 400HZ MM入力
E−4A. R出力39V=190W 歪み率=0.04% 1000HZ MC入力
E−4B. R出力39V=190W 歪み率=0.05% 400HZ MC入力
E−4C. L出力39V=190W 歪み率=0.04% 1000HZ MC入力
E−4D. L出力39V=190W 歪み率=0.05% 400HZ MC入力
E−5. 完成、引き続き30分の連続定格実働、24時間エージングに入る。
          Copyright(C) 2006 Amp Repair Studio All right reserved.            d907xa811s
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 写真(画像)は表示よりも、実サイズは大きいです。  細かい所を見たい場合は画像をダウンロードして見てください。