「NANAOLA」 1V1 ラジオ 修理
平成14年12月18日到着  1月31日完成
寸評
   真空管の構成 6C6−6D6−6ZP1 12F やはり、直熱菅と異なり、大容量コンデンサ−使用で、ハムは皆無になった
   高周波増幅付きでもADSLの雑音が結構入る
   「1V1」の意味
        最初の1=高周波増幅の数 V=検波 最後の1=低周波増幅の段数
  • A.修理前の状況
     突然音でない

  • B.原因
     経年変化による、配線不良、部品不良
     真空管不良=6D6ヒ−タ−切れ

  • C.修理状況
     真空管交換
     部品補強
     コンデンサ−交換
     電解コンデンサ−交換
     配線手直し、半田補正
     電源コ−ド交換(コ−ド支給)
     ケ−ス修理
     
  • D.使用部品
     電解コンデンサ−    4個
     コンデンサ−       8個
  • E.修理費  22,000円   <<通常修理>>
                        <<お馴染み特別価格>>=修理に送られる機器が3台目から

A.修理前の状況
A−1A.修理前 シャ−シを前から 右のコンデンサ−は飾り! 若干バ−ニヤ部に引っかかりがある
A−1B.修理前 シャ−シ上から見る 左上のトランスはチョ−ク
A−1C.修理前 接続されていない、コンデンサ− 飾り? 電源トランスは巻き替えした様子
A−2A.修理前 シャ−シ下から見る、コンデンサ−は当時のまま 下手な修理の形跡あり
C−2B.修理前 いもハンダのオンパレ−ド 小学生の方がよほど上手い
C−2C.修理前 いもハンダのオンパレ−ド 小学生の方がよほど上手い
C−2D.修理前 いもハンダのオンパレ−ド 小学生の方がよほど上手い
A−3.修理前 SPの取り付けもガタガタと動く
A−2.修理前 ダイアルの中に銘板
C.修理状況
C−1A.修理前 前のパネルが取れかかっている 
C−1B.修理後 内側からボンドを浸み込ませる 入りにくい時は水で薄めると良い
C−1C.修理後 下(底)からボンドを浸み込ませる
C−1D.修理後 重しをして一晩置く
C−2A.完成 上から見る 空いているコケットは整流管用
C−2B.完成 下から見る
          全コンデンサ−交換 ア−スラインをしっかり取る
C−3A.完成 裏から
C−3B.完成 前から
C−4.交換部品
C−7.24時間エ−ジング。
  3mの室内ANTで、NHK第一(594KHZ)、第二(693KHZ)、TBSラジオ(954KHZ)、文化放送(1134KHZ)、さすが1V1の威力
           nanaolaj
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。写真(画像)は表示よりも、実サイズは大きいです。  細かい所を見たい場合は画像をダウンロ−ドして見てください。