独ヒットラ−時代の2球再生式ラジオ
平成13年12月
計画中ですので確定では有りません
A.修理前の状況
 全くのゴミ状態。

B.原因
 計画中

D.使用部品

E.修理費   000円
              修理せず返却

1.前から見たところ、ツマミは、左再生バリコン、真ん中同調、左音量。
2.マ−ク
3.後ろ
4.拡大
5.スピ−カ−、コイルガ断線している。
6. 真ん中が同調バリコン、左が再生バリコン、右が同調コイル結合度変化
7.左端が同調コイル、真ん中の大きいのが平滑抵抗、右端が平滑用コンデンサ−
8.ヒ−タ−抵抗、断線している。
9.同調バリコン、半回転後は、上の円盤SWでコイルのタップをショウトしている=頭が良い。
 半周後は同じ変化なので、それを改造している=冴えるヒットラ−arb
10.再生バリコン、構造は同調バリコンと同じ
11.同調コイルと真空管ソケット、足の数からして複合管?
12.整流管、又は出力管+、整流器が見あたらない??
           doitu-c
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。写真(画像)は表示よりも、実サイズは大きいです。  細かい所を見たい場合は画像をダウンロ−ドして見てください。