Sonyスカイセンサー ICF−5900記録
平成13年11月22日
A.修理前の状況
  ・ボリューム等にガリが出ている
  ・バンド切替スイッチの接触が悪くなっている。
  ・SW2の周波数が大幅にずれている(5Mhz位)。
  ・サブダイヤルの目盛りが3khzほどずれている。
  ・ダイヤルライトが点かない。

B.原因
 経年変化による調整不良。

C.修理状況
 RFのFET交換
 電球交換
 FM受信部、MV受信部トラッキング、感度、周波数調整
 SWトラッキング、感度、周波数調整
 PLL部感度、周波数調整
 配線手直し、補強
 経年劣化による各部ハンダ補正
 ダイヤルライト交換

D.使用部品
 FET 1個
 電球  2個

E.修理費  16,000円    <<通常修理>>

1.本体を取り出し、清掃後、RFのFET交換。
2.半田補正、20年も経つと、半田と銅との熱膨張の差、力による疲労などで、半田不良が怒る。
  光っている所は全て、補正したところ、これだけで3時間必要。
4.ツマミ洗浄、スプレ−式のガラスクリ−ナ−で綺麗になる。
  最強い洗浄剤があるが、プラスチックがボロボロになる事も有るので、使用しない。
5.トラッキング調製。
6.受信最上周波数28MHZ 0dBの復調波形。
  民生機器では十分な感度です。
7.完成、ライトチェック。
           icf59006
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。写真(画像)は表示よりも、実サイズは大きいです。  細かい所を見たい場合は画像をダウンロ−ドして見てください