Panasonic ST−9030T 修理記録
平成14年1月5日到着  平成14年1月7日完成
  1.  修理前の状況
     音は、出るのですが、時々途切れます。
    また、チュウーニングメータも狂っています。調整が、ずれている様です。
    ステレオの左右は、分離します。
  2.  原因
     調整不良、TR(トランジスター)劣化。
  3.  修理状況
     RF増幅、、トラッキング、IF回路、MPX回路調整
     AM回路調整
     配線手直し、補強 
  4.  使用部品
     電解コンデンサー      2個
     抵抗           4個
     TR(トランジスター)  6個
     
  5.  修理費  18,000円   <<通常修理>>

1. ダイアル糸を締める、経験がないと結構大変。
2. 基板が前部出るので、修理は非常にやりやすい。8連バリコン使用。
3. 渡りがすこし有るが、良くできている、修理は非常にやりやすい。
4. 調整開始
5. FM RL分離調整 R(右)チャネル受信調整中、上がR出力、下がL出力、FM RL分離調整。
6. FM RL分離調整L(左)チャネル受信調整中、上がR出力、下がL出力、FM RL分離調整。
7.  完成
8.  24時間エージング。下は山水607XDecardで出力している。
 小生の所は、J−COMを引込しているので「BayFM、Radio高崎、FM東京、NHK前橋、 J−WAVE、FM−群馬、Nack5、INTER−FM」 が受信できます。
 この様なチュ−ナを知ると、チューナーは、ト?オが無線機器を作っているので感度が良い、などと言う事は、勘違いだと言うことを思い知らされる。
      st9030t8
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。 写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2014 Amp Repair Studio All right reserved.