SANSUI TU−X1 修理記録
平成16年10月15日到着  平成17年1月15日完成
  1.  修理前の状況
    症状:電源が入り、信号メーターも作動している様子ですが、AM、FMとも全く音 が出ません。

     
  2.  原因
    MPX回路、バッファーAMP不良、TR(トランジスター)劣化、電解コンデンサー劣化

  3.  修理状況
    RF増幅、、トラッキング、IF回路、MPX回路、修理・調整
    AM回路調整
    半固定VR交換
    電解コンデンサーをオーディオ用に交換
    各部半田補正

     
  4.  使用部品
    電解コンデンサー(ミューズ使用)           79個
    フイルムコンデンサー                   2個
    半固定VR                         19個
    RCA端子                          6個

     
  5.  調整・測定

  6.  修理費  98,000円    オーバーホール修理
A. 修理前の状況
A1. 点検中 上から見る FM関係の基板
A2. 点検中 下から見る AM関係と電源基板
A3. 点検中 後ろから見る 真ん中の巨大な筒はAMのANT!
          スタティックシールドが施された高感度! 雑音にも強い
 FMチューナーとAMチューナーが完全に独立している為、同時に受信できる
左側のノブがAM(下部の赤い指針)。右側のノブがFM専用(上部の緑色 の指針)。4つあるメーターも,AM/FMそれぞれ独立
C. 修理状況
C1. 修理中 試作品とも思える作り!
C1A. 修理前 フロント・エンド MOS-FETによるRF2段増幅、RF-AGC付き、MOS-FET-MIX、2段バッファーアンプ付局部
           左下は局発、周波数直線型7連バリコン使用、2つの段間同調はW チューン方式
C1B. 修理後 フロント・エンド(RF、MIX)  電解コンデンサー、半固定VR2個交換
C1B−1. 修理中 フロント・エンドのバリコン、右半分は清掃後
C1B−2. 修理(清掃)後 フロント・エンドのバリコン
C1C. 修理前 フロント・エンド(RF、MIX)裏
C1D. 修理(半田補正後)後 フロント・エンド(RF、MIX)裏 全半田をやり直す
C1E. 完成フロント・エンド(RF、MIX)裏。余分なフラックスを落として、コート液を塗る。
C1F. 修理中 フロント・エンド(RF、MIX) 局部発信のトリーマーの穴が無い(設計ミス)
C1D. 修理後 フロント・エンド(RF、MIX) 局部発信のトリーマーの穴を空ける
C2A. 修理前 FM−IF基板 黒く大きいのが4ポールLCフィルター、右下細長いのがNARROW用SAWフィルター
           IFは10段! 今なら水晶フィルターで簡単に安く達成できるが、デジタル処理がでて来ています
C2B. 修理後 FM−IF基板 電解コンデンサー14個、半固定VR2個交換
C2C. 修理前 FM−IF基板裏
C2D. 修理(半田補正後)後 FM−IF基板裏 全半田をやり直す
C2E. 完成FM−IF基板裏。余分なフラックスを落として、コート液を塗る。 
C3A. 修理前 FM−DET基板
C3B. 修理後 FM−DET基板  電解コンデンサー8個交換
C3C. 修理前 FM−DET基板基板裏
C3D. 修理(半田補正後)後 FM−DET基板裏 全半田をやり直す
C3E. 完成FM−DET基板裏。余分なフラックスを落として、コート液を塗る。
C4A. 修理前 FM−MPX基板
C4B. 修理後 FM−MPX基板 電解コンデンサー19個、半固定VR6個、フイルムコンデンサー2個交換
C4C. 修理前 FM−MPX基板基板裏
C4D. 修理(半田補正後)後 FM−MPX基板裏 全半田をやり直す
C4E. 完成FM−MPX基板。余分なフラックスを落として、コート液を塗る。
C5A. 修理前 AM−RF入力基板
C5B. 修理後 AM−RF入力基板
C5C. 修理前 AM−RF入力基板裏
C5D. 修理(半田補正後)後 AM−RF入力基板裏 全半田をやり直す
C5E. 完成AM−RF入力基板裏。余分なフラックスを落として、コート液を塗る。
C6A. 修理前 AM基板、PLL同期検波方式、検波出力はUSB(上側波帯)とLSB(下側波帯)を選択出来る
           妨害信号の無い測波帯を選択することで効果的に混信を逃げる
           AM高周波部には,ダブルバランス型ミキサーを採用、  
C6A−1. 修理前 FM−MPX基板の腐食したIC
C6A−2. 修理(清掃)後 FM−MPX基板のIC
         画像紛失
C6B. 修理後 AM基板 電解コンデンサー22個、半固定VR個交換
C6C. 修理前 AM基板裏
C6D. 修理(半田補正後)後 AM基板裏 全半田をやり直す
C6E. 完成AM基板裏。余分なフラックスを落として、コート液を塗る。
C7A. 修理前 AMアダプター基板
C7B. 修理後 AMアダプター基板 電解コンデンサー2個交換
C7C. 修理前 AMアダプター基板裏
C7D. 修理(半田補正後)後 AMアダプター基板裏 全半田をやり直す
C7E. 完成AMアダプター基板。余分なフラックスを落として、コート液を塗る。
C8A. 修理前 電源基板
C8A−1. 修理中 電源基板 接着剤で腐食が起きる
C8B. 修理後 電源基板 電解コンデンサー11個、半固定VR交換
C8C. 修理前 電源基板裏
C8D. 修理(半田補正後)後 電源基板裏 全半田をやり直す
C8E. 完成電源基板裏。余分なフラックスを落として、コート液を塗る。
C9A. 修理前 電源基板2
C9B. 修理後 電源基板2 電解コンデンサー2個交換
C9C. 修理前 電源基板2裏
C9D. 修理(半田補正後)後 電源基板2裏 全半田をやり直す
C9E. 完成電源基板2。余分なフラックスを落として、コート液を塗る。
CAA. 修理前 出力RCA端子
CAB. 修理後 出力RCA端子
CAC. 交換部品
CBA. 修理前 上から
CBB. 修理後 上から
CBC. 修理前 下から
CBD. 修理後 下から
E. 調整・測定
E1. 感度測定調整
     機器の機能
     左中=FMステレオ信号発信器
     左=高周波信号発信器
     右上=オシロ(上=R出力、下=L出力)
     下左側=歪み率計(上=R出力、下=L出力)
E2A. FM受信感度、歪み測定調整
    見方
     FMステレオ信号発信器より 82MHZで 1000Hの 変調信号を 30dBで出す
     これを受信し出力を測定する、
     歪み率、L出力=0.277%、右出力=0.276%
     出力波形 上=R出力、下=L出力。
E2B. FM受信感度、歪み測定調整
    見方
     FMステレオ信号発信器より 82MHZで 400Hの 変調信号を 30dBで出す
     これを受信し出力を測定する、
     歪み率、L出力=0.277%、右出力=0.276%
     出力波形 上=R出力、下=L出力。
E3A. FM受信感度、歪み測定調整
    見方
     FMステレオ信号発信器より 82MHZで 1000Hの 変調信号を 1dBで出す
     これを受信し出力を測定する、
     歪み率、L出力=0.281%、右出力=0.285%
     出力波形 上=R出力、下=L出力。
E3B. FM受信感度、歪み測定調整
    見方
     FMステレオ信号発信器より 82MHZで 400Hの 変調信号を 1dBで出す
     これを受信し出力を測定する、
     歪み率、L出力=0.303%、右出力=0.308%
     出力波形 上=R出力、下=L出力。
E4A. FM受信 分離度測定調整
    見方
     FMステレオ信号発信器より 82MHZで 1000Hの R変調信号を 30dBで出す
     これを受信し出力を測定する、
     出力波形 上=R出力、下=L出力。
E4B. FM受信 分離度測定調整
    見方
     FMステレオ信号発信器より 82MHZで 1000Hの L変調信号を 30dBで出す
     これを受信し出力を測定する、
     出力波形 上=R出力、下=L出力。
E4C. FM受信 分離度測定調整
    見方
     FMステレオ信号発信器より 82MHZで 400Hの R変調信号を 30dBで出す
     これを受信し出力を測定する、
     出力波形 上=R出力、下=L出力。
E4D. FM受信 分離度測定調整
    見方
     FMステレオ信号発信器より 82MHZで 400Hの L変調信号を 30dBで出す
     これを受信し出力を測定する、
     出力波形 上=R出力、下=L出力。
E5A. AM 感度測定調整
    見方
     上のAM信号発信器より 1400KHZで 400Hの 50%変調信号を 50dBで出す
     これを受信し出力を測定する、
     歪み率、L出力=0.814%、右出力=0.818%
     出力波形 上=R出力、下=L出力。
E5B. AM 感度測定調整
    見方
     上のAM信号発信器より 1400KHZで 400Hの 50%変調信号を 25dBで出す
     これを受信し出力を測定する、
     歪み率、L出力=1.52%、右出力=1.54%
     出力波形 上=R出力、下=L出力。
E6. 24時間エージング。
                        tu-x1-20
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2014 Amp Repair Studio All right reserved.