Sansui TU−9500修理記録
平成14年1月11日到着  平成14年1月24日完成
寸評
 AU−9500と同じサイズなので、とにかく大きい。
 RF増幅が2段なので、感度は良いかが、2信号特性、特に混変に注意が必要です。
 共聴等で1本の同軸で一緒に送られてくる場合、FMの電波が弱く、VHFのTV信号が強いとこでは、
 この良さが逆に成ります、FM/VHF−TVの分配器が入手出来れば解消来ます。
  1.  修理前の状況
     私が28年間愛用しています、FM受信の感度が悪くなってしまいました。
    今までフルスケール(メーターで5)で受信できていたのですが、
    今はメーターで2までしか振れず当然音もよくありません。
    もちろんFMアンテナは完璧ですので(他のチューナーでは受信OKですので)
    チューニングメータも狂っています。調整が、ずれている様です。
    ステレオの左右は、分離します。
  2.  原因
     調整不良、TR(トランジスター)劣化。
  3.  修理状況
     RF増幅、、トラッキング、IF回路、MPX回路、修理・調整
     AM回路調整
     配線手直し、補強 
  4.  使用部品
     電解コンデンサー    2個
     フイルムコンデンサー  2個
     抵抗            2個
     MPXトランス       1個
     TR(トランジスター)   6個
     
  5.  修理費  19,000円    「通常修理」
1. 上蓋を取った所。
2. 下蓋を取った所。
3. MPX基板=RLを分離する所、赤いのがMPXトランス。
4. MPXトランス=ショウトしている。
5. MPX基板修理完了、MPXトランスの同調コンデンサーは外付けにした。
6. 感度の要、RF回路(高周波増幅)
7. 調整開始
8. FM 感度、RL分離測定調整 L側
  見方
     上のFMステレオ信号発信器より 85MHZで 400Hの Rのみ変調信号を 35dBで出す
     これを受信し出力を測定する、
     下左側の歪み率計=1%、左メータ=L出力、右メータ=R出力(最大3%レンジ)
     真ん中電圧測定器、赤針=R出力、黒針=L出力(最大1Vレンジ)
     下右側出力波形 上=R出力、下=L出力。
9. FM 感度、RL分離測定調整 R側
10.  完成
11.  24時間エージング。
                       st9030t8
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2014 Amp Repair Studio All right reserved.