TRIO KT−8001 修理記録
平成15年7月23日到着  平成16年3月18日完成
  1.  修理前の状況
     この製品は先日ハイ***堂より買ったものです。
      私はこのKT−8001には思い入れがあります。
  2.  原因
     調整不良、FET(電界トランジスター)劣化、電解コンデンサー劣化。
  3.  修理状況
     RF増幅、、トラッキング、IF回路、MPX回路、修理・調整
     AM回路調整
      
  4. 使用部品
     電解コンデンサー          1個
     抵抗                  2個
     FET(電界トランジスター)     3個
  5.  調整・測定
     
  6.  修理費  25,000円       通常修理

A. 修理前の状況
A1A. 上蓋を取った所、しっかりとシールドしてある。
A1B. シールドを取った所。
A1C. 下蓋を取る
C. 修理状況
C1A. 修理前 フロント・エンド=RF、MIX
C1B. 修理後 フロント・エンド=RF、MIX RF-FET交換
C2A. 修理前 IF増幅
C2B. 修理後 IF増幅 半固定VR交換
C3A. 修理前 MPX−IF増幅
C3B. 修理後 MPX−IF増幅 FET2個交換
C4A. 修理前 上から 
C4B. 修理後 上から 
C4C. 修理前 下から 
C4D. 修理後 下から 
E. 調整・測定

E1.  AFM 感度、RL分離測定調整 L側
     見方
     上のFMステレオ信号発信器より 84MHZで 400Hの Rのみ変調信号を 30dBで出す
     これを受信し出力を測定する、
     下左側の歪み率計=1%、左メータ=L出力、右メータ=R出力(最大3%レンジ)
     真ん中電圧測定器、赤針=R出力、黒針=L出力(最大3Vレンジ)
     下右側出力波形 上=R出力、下=L出力。
E2.  FM 感度、RL分離測定調整 R側
E3.  完成
E4.  24時間エージング。
                        kt80001-i
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2014 Amp Repair Studio All right reserved.