MICRO SEIKI RY−5500.4台目修理記録
平成22年11月17日到着  11月25日完成
A. 修理前の状況
  • 回転しない

B. 原因
  • AMP−ダイオード焼損

C. 修理状況

D. 使用部品
  • 電解コンデンサー                9個。
    半固定VR                    2個。
    フイルムコンデンサー             6個。


F. 修理費  40,000円

S. MICRO SEIKI RY−5500 の仕様(マニアルより)

A. 修理前の点検状況
A11. 点検中 前から見る。
A12. 点検中、前左から見る。
A13. 点検中、左から見る。
A14. 点検中、後から見る。
A16. 点検中、 右から見る。
A15. 点検中、前右から見る。
A21. 点検中、 上から見る
A22. 点検中、 上蓋を取り、上から見る。
A23. 点検中、 上蓋を取り、上から見る2。
A31. 点検中、下前から見る。
A32. 点検中、下後から見る。
A41. 点検中、下から見る。
A42. 点検中、下蓋を取り、下から見る。!
A5. 点検中、下蓋の裏、製造番号9番目!
C. 修理状況
C11. 修理前 電源・LED表示基板
C12 .修理後 電源・LED表示基板 電解コンデンサー3個交換
C13. 修理前 電源・LED表示基板裏
C14. 修理(半田補正)後 電源・LED表示基板裏
C15. 修理中 電源・LED表示基板裏、不要なフラックスを落とす、 普通は掃除機で吸いながら行うので写真は撮らず。
C16. 修理中 電源・LED表示基板裏、 洗浄後、 環境問題から、フロン系が使用できないので、乾燥に1日費やす。
C17. 完成電源・LED表示基板裏、コート液を塗り、乾燥後。
C21. 修理前 メイン基板
C22. 修理後 メイン基板。 半固定VR2個、電解コンデンサー6個、フイルムコンデンサー6個交換
C23. 修理前 メイン基板裏
C24. 修理(半田補正)後 メイン基板裏
C25. 修理中 メイン基板裏、不要なフラックスを落とす、 普通は掃除機で吸いながら行うので写真は撮らず。
C26. 修理中 メイン基板裏、 洗浄後、 環境問題から、フロン系が使用できないので、乾燥に1日費やす。
C27. 完成メイン基板裏、コート液を塗り、乾燥後。
C40. 修理中 モーター取り出す
C41. 修理中 モーター分解点検・清掃・注油
C42. 修理中 修理中 モーターサーボ感知巻き線(FGコイル)。
C43. 修理後 モーターサーボ感知巻き線清掃後、絶縁コートを塗る
C51. 修理前  モーター回転子(アマチュア)の外側、錆び(サビ)が少し発生。
C52. 修理(清掃)後  モーター回転子(アマチュア)、 錆び(サビ)が出ているので、CRCで落とす
C53. 修理前  モーター回転子(アマチュア)の内側。
C54. 修理(清掃)後 モーター回転子(アマチュア)、 錆び(サビ)予防に、CRCを含浸(染み込)する。
C55. 修理中 モーター回転子(アマチュア)軸 
C56. 修理(清掃)後 モーター回転子(アマチュア)軸、 錆び(サビ)予防に、CRCを含浸(染み込)する。
C57. 修理中 モーター回転子(アマチュア)軸、拡大。キズも無く綺麗です。 
C61. 修理中、モータ回転子上側軸受。
C62. 修理中、モータ回転子上側軸受、拡大。 油分が無し。
C63. 修理中、モーター固定子巻き線+モータ回転子上側軸受。
C64. 修理中、モータ回転子上側軸受、拡大。 油分が無し。
C71. 修理前、回転調整VR配線。
C72. 修理後、回転調整VR配線。
C8. 交換部品
C91. 修理前、下から見る。
C92. 修理後、下から見る。
S. MICRO SEIKI RY−5500 の仕様(カタログ・マニアルより) 
駆動モーター FGサーボDCモーター
モーター回転数 33 1/3rpm=666、 45rpm=900
回転数調整範囲 ±6%
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 12W
外形寸法 幅180×高さ114×奥行240mm
重量 12kg
価格 \140,000、1980年頃
  その他
付属 ドライブ糸 K-5
別売 ドライブ糸 5M(\1,000)
アームマウント AX-1G〜6G、AX-8G(\12,000)
アームマウント AX-7G(\38,000)
アームレスト用ベース RX-1(\500)
備考 アームマウント
AX-1G Micro MA-505X、505S、707X、
ADC LMF-1、LMF-2、EMT 929
Ortofon RS-212、RMG-212、SMG-212II、
Audio-Technica AT-1005II
Audio Craft AC-300C、A
Denon DA-303、305、307、309、401
FR FR-54、24mkII、14
SAEC WE-308N、308SX、407/23
Grace G-545F、707、840FB、940、945S
Technics EPA-101S、L、121S、L、99
Pioneer PA-1000
AX-2G SME 3009SII、SIII
AX-3G Micro MA-505LX、505LS
EMT 997
Ortofon RF297、RMG309
Audio Craft AC-300A、400A、C、400mkII
Denon DA-302、304、308
Grace G-565F、860FB、960
SAEC WE-308L
AX-4G SME 3012
AX-5G Audio-Technica:AT-1503II、1503III
FR FR-64、64S
AX-6G Micro MAX-282
Luster GST801
Audio Craft AC-4000MC
Audio-Technica AT-1501II、AT-1501III
FR FR-66S
SAEC WE-506/30
Victor UA-7082、7045
Technics EPA-100
Grace G660P
AX-7G: Micro MAX-282
Audio Craft AC-4000MC
※RX-5000のみ取付可能
AX-8G: Micro MA-505XII、SII、808X
SAEC WE-308N、308SX、407/23
Audio Craft AC-300mkII、3000MC
                      ry5500_41b
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2014 Amp Repair Studio All right reserved.