MICROSEIKI RY−5500. 2台目修理記録
平成20年2月4日到着  2月18日完成 
A. 修理前の状況
  • 症状
    ・トルクが弱くなった。
    ・少し回転が不安定。
    ・モーターに少し異音がする。
    ・電源インジケーターのランプがつかない、又たまに点く場合もあるが暗い。

B. 原因
  • 各部経年劣化。

C. 修理状況
  • 半固定VR交換。
    電解コンデンサー交換(オーディオコンデンサー使用)。
    電源コード交換。
    配線手直し、補強。
    LED交換。

D. 使用部品
  • 電解コンデンサー              10個。
    半固定VR                    2個。
    フイルムコンデンサー             1個。
    電源コード                    1本。
    LED                        1個。

F. 修理費  45,000円 

A. 修理前の点検状況
A1. 点検中 外観
A2. 点検中 外観、上カバー取る、モーター軸にベルト方向に「ガタ」が有る!
A3. 点検中 下蓋を取り、下から見る。
A4. 点検中  モーター回転子(アマチュア)の外側錆び(サビ)!
A5. 点検中  モーター回転子(アマチュア)の内側錆び(サビ)!
C. 修理状況
C1A. 修理前 電源・LED表示基板
C1B .修理後 電源・LED表示基板 電解コンデンサー3個交換
C1C. 修理前 電源・LED表示基板裏
C1D. 修理(半田補正)後 電源・LED表示基板裏
C1E. 完成電源・LED表示基板裏。余分なフラックスを落として、コート液を塗る。
C2A. 修理前 メイン基板
C2B. 修理後 メイン基板 半固定VR2個、電解コンデンサー6個、フイルムコンデンサー6個交換
C2C. 修理前 メイン基板裏
C2D. 修理(半田補正)後 メイン基板裏
C2E. 完成メイン基板裏。余分なフラックスを落として、コート液を塗る。
C4A. 修理中 モター分解点検・清掃・注油
C4B. 修理中 モターサーボ感知巻き線清掃
C4C. 修理後 モターサーボ感知巻き線清掃後、絶縁コートを塗る
C5A. 修理前  モーター回転子(アマチュア)の外側錆び(サビ)!
C5B. 修理(清掃)後  モーター回転子(アマチュア)、 錆び(サビ)が出ているので、CRCで落とす
C5C. 修理前  モーター回転子(アマチュア)の内側錆び(サビ)!
C5D. 修理(清掃)後  モーター回転子(アマチュア)、 錆び(サビ)が出ているので、CRCで落とす
C6. 交換部品
C7A. 修理前 上から見る
C7B. 修理後 上から見る
C7A.  完成 33回転 
C7B.  完成 45回転 エージング中
C8A.  完成 エージング中、横電源表示が暗い
C8B.  完成 エージング中、横電源表示修理後
                        5500-3-p
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。
 Copyright(C) 2021 Amp Repair Studio All right reserved.