MICRO SEIKI Pumpunit RV−1090 修理記録
平成19年10月10日持込  10月23日完成 
A. 修理前の状況
  • 全く流量・圧力が無い

B. 原因
  • 経年劣化。

C. 修理状況

D. 使用部品
  • テフロンチューブ              1m。
    新品ポンプユニット           1組。
    表示LED                 1個。

E. 調整・測定

G. 修理費  60,000円

A. 修理前の状況
A1A. 点検中 「B=吐き出し」 の圧力測定。
A1B. 点検中 「C=吸い込み」 の圧力測定。
A2A. 点検中 下から見る。 止めネジが2本移動されている、穴埋めにシリコンが塗られている?
A2B. 点検中 下蓋の止めネジ穴 その1。 左=新しく止めたネジ穴、 右=元の止ネジ穴
             圧縮材の糊がきかなくなり始めているので、この様に割れる
A2C. 点検中 下蓋の止めネジ穴 その2。 左の2個=新しく止めたネジ穴、 右=元の止ネジ穴
             圧縮材の糊がきかなくなり始めているので、この様に割れる
A2D. 点検中 蓋を取る、圧縮材の糊がきかなくなり始めている。
            又、何回もネジを開閉したので、ネジ穴が大きくなり、効かない。
A2E. 点検中 ポンプをどかす。 チャンバーは2段。
A3A. 点検中 ポンプケースの蓋止めネジが全て移動されてある。
A3B. 点検中 ポンプケースの蓋を取る
            止めネジの位置がネジの効かない紙圧縮板に止められている!
            内側の板を補修するのが正道、電気屋では無理か?
A3C. 点検中 ポンプケースの蓋止めネジの位置の拡大 その1
A3D. 点検中 ポンプケースの蓋止めネジの位置の拡大 その2
A4A. 点検中 内ポンプケースを見る その1
            意味の無い「シリコン・コーキング」がたっぷり付いている。
            これ取るの大変!  手直し修理は倍の手間と技術がいる
A4B. 点検中 内ポンプケースを見る その2
            意味の無い「シリコン・コーキング」がたっぷり付いている。
            これ取るの大変!  手直し修理は倍の手間と技術がいる
A5A. 点検中 内ポンプケースを空ける その1
            意味の無い「シリコン・コーキング」がたっぷり付いている。
            これ取るの大変!  手直し修理は倍の手間と技術がいる
A5B. 点検中 内ポンプケースを空ける その1
            意味の無い「シリコン・コーキング」がたっぷり付いている。
            これ取るの大変!  手直し修理は倍の手間と技術がいる
A6A. 点検中 ポンプユニット その1
            意味の無い「シリコン・コーキング」がたっぷり付いている。
A6B. 点検中 ポンプユニット その2
            意味の無い「シリコン・コーキング」がたっぷり付いている。
C. 修理状況
C1A. 修理前、ケース、圧縮材の糊がきかなくなり始めている。
            又、何回もネジを開閉したので、ネジ穴が大きくなり、効かない。
C1B. 修理後、ケース、ボンドを塗る。
C2A. 修理前、下蓋の止めネジ穴 その1。 左=新しく止めたネジ穴、 右=元の止ネジ穴
             圧縮材の糊がきかなくなり始めているので、この様に割れる
C2B. 修理中 ネジ穴を埋め、横にボンドを塗る。
C2C. 修理中 ネジ穴を埋め、表にボンドを塗る。
C2D. 修理中 さらに軽くペンキを拭く、目止めの1回目。
C2E. 修理中 仕上げ? の2回目。
C3A. 修理前  ポンプケース、止めネジの当たる部分が欠けている
C3B. 修理後 ポンプケース、止めネジの当たる部分を補強する
C3C. 完成し蓋をする前のポンプケース
C4A. 修理前 ポンプケース蓋
C4B. 修理後 ポンプケース蓋、裏はボンドで補強
C5A. 修理前 内ポンプケース、締めすぎて1ヶ所スタッドが欠けている
C5B. 修理(清掃)後 内ポンプケース
C5C. 修理前 内ポンプケース2
C5D. 修理(清掃)後 内ポンプケース2
C6A. 修理前 内ポンプケースを見る その1
C6B. 修理後 内ポンプケースを見る その1
C6C. 修理前 内ポンプケースを見る その1
C6D. 修理後 内ポンプケースを見る その1、負圧を取り出している為、ネジボスがヒビ割れているので埋める。
C7A. チャンーの蓋のシール
C7B. 完成し蓋をする前
E1. 圧力測定 「B=吐き出し」端子
E. 測定・調整
E2. 圧力測定 「C=吸い込み」端子。
                       rv1090-z
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2015 Amp Repair Studio All right reserved.