MICRO SEIKI Pumpunit RP1110. 7台目修理記録
平成19年8月6日到着  8月10日完成 
A. 修理前の状況
  • タンテーブルが浮かない(音が出る)

B. 原因
  • 経年劣化

C. 修理状況


D. 使用部品
  • 新品ポンプユニット           2組。

E. 修理費  60,000円

A. 修理前の状況
A1. 点検中 「A=吐き出し」 の圧力測定。 かなり低い
A2. 点検中 「B=吸い込」 の圧力測定。 低い
A3. 点検中 「C=吐き出し」 の圧力測定。 低い
A4. 点検中 上から見る。 かなり状態が悪く、手間が掛かる!
A51. 点検中 圧縮材の糊がきかなくなり始めている。又、何回もネジを開閉したので、ネジ穴が大きくなり、効かない。
A52. 点検中 圧縮材の糊がきかなくなり始めている。又、何回もネジを開閉したので、ネジ穴が大きくなり、効かない。
A6. 点検中 ユニットの固定が2ヶ所4本の木ネジが完全に取れていた。
           何回もネジを開閉したので、ネジ穴が大きくなり、効かない所へ、宅配(クロネコヤマト)の扱いが悪いため!
           (埼玉県戸田市→群馬県前橋市)
A71. 点検中 ユニットの修理をこころ見たのか、ホース付けねに赤マーク有り
            シリコン・コーキングがたっぷり付いている。 これ取るの大変なので、修理費は1万円UP!!
            手直し修理は倍の手間と技術がいる
A72. 点検中 ユニットの修理をこころ見たのか、ホース付けねに赤マーク有り
            シリコン・コーキングがたっぷり付いている。 これ取るの大変なので、修理費は1万円UP!!
            手直し修理は倍の手間と技術がいる
A81. 点検中 ユニットの修理をこころ見たのか、意味の無い「シリコン・コーキング」がたっぷり付いている。
            これ取るの大変なので、修理費は1万円UP!!  手直し修理は倍の手間と技術がいる
A−8B. 点検中 ユニットの修理をこころ見たのか、意味の無い「シリコン・コーキング」がたっぷり付いている。
            これ取るの大変なので、修理費は1万円UP!!  手直し修理は倍の手間と技術がいる
A82. 点検中 ユニットの修理をこころ見たのか、意味の無い「シリコン・コーキング」がたっぷり付いている。
            こちら側は開放なので不要!
C. 修理状況
C11. 修理前 「A=吐き出し用ポンプ」
C12. 完成 「A=吐き出し用ポンプ」 ユニット
C13. 圧力測定中の「A=吐き出し用ポンプ」
C21. 修理前 「B.C=吐き出し・吸い込みポンプ」
C22. 完成「B.C=吐き出し・吸い込みポンプ」 ユニット
C23. 圧力測定中の「B.C=吐き出し・吸い込みポンプ」
C31. 修理中 圧縮板にボンドを塗って固めている
C32. 修理中 圧縮板にボンドを塗って固めている
C33. 修理中 止め板もボンドを染みこませる
C4. 修理中 化粧シートが剥がれているので補修する
C51. 修理前 上から見る
C52. 修理後 上から見る
C61. 完成
C62. 圧力測定 A端子
C63. 圧力測定 B端子
C64. 圧力測定 C端子。 B端子圧力より低いのは、調整バイバスが有る為。
                       rp1110-7q
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。 Copyright(C) 2014 Amp Repair Studio All right reserved.