LUX AT−3000 修理
平成15年1月1日到着 1月8日返却 
  • A. 修理前の状況
       入力切替時にかなり大きな音がスピーカーから出ます。
       これが本来の仕様なのかどうかは分かりませんが 何とか音が出ないように(小さくなるように)出来ませんでしょうか?
       また、入力切替にダイレクトというのがあるのですが ここに入力をつなぐと、それ以外の入力がキチンと出力されません。
       これは故障ではないかと思います。 故障でなければ使いにくいので他の切り替えと同じように 普通に切り替えできるように改造していただけませんでしょうか?

  • B. 原因
       この機種は、入力側=トランスに入るので、入力機器がDCバランスが崩れていると、切り替えた時、「ガリ」音が出ます
       軽減するには、抵抗を挿入するが、完全では無い
       完璧にするには、切り替え時、出力を、ア−スするのが良いが、電源もないので、不可
       よって、切り替える前に、VRを0にするしか方法なし

  • C. 修理状況
       入出力のジャクのア−ス部分の半田補正
       SWの止めネジが緩み
       Directは選択された入力がそのまま、出力する

  • D. 使用部品

  • E. 修理費  ,000円

A-1. 修理前 上から
A−2. 修理前 下左右の、トランスのタップを切り替えて、出力をコントロールする
        上の真ん中が切り替えSW=メインVR、接点の間に遊びがあるタイプでは無い
、SWの止めネジが緩み、ぐらぐら
        ドランスのタップをSWで切り替えるので、切り替え時、巻き線が短絡されるので、ノイズが出る
        これを防ぐのは、この方式では、不可能!
A−3. 修理前 入出力のジャク部分、スライドSWで入力を切り替えて入る
       入出力のジヤックのアース部分の半田がお粗末     
A−4. 前から見る
A−5. 後から見る
         at3000-5
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。  Copyright(C) 2006 Amp Repair Studio All right reserved.