R&S UPV Audio Analyzer 備品記録
A. Rohde & Schwarz UPV Audio Analyzer、2台を 校正済みで HitechFacilityから購入。

S. R&S UPV Audio Analyzer 仕様(マニアル・カタログより)
A11. 清掃前 CPUフアン周り。
A12. 清掃中 CPUフアン。
A13. 清掃後 CPUフアン周り。
A21. 清掃前 ケースフアン。
A31. 清掃中 電源トランス周り。
A32. 清掃中 リレーは松下電工製品。
A33. 清掃中 HDDは富士通製品。
A41. 清掃後 上から見る。
A42. 清掃後 下から見る。
A51. 完成 前から見る。
A52. 完成後 後から見る。
A53. 完成後 デフォルトで立ち上げる。
S. R&S UPV Audio Analyzer の仕様 (マニアル・カタログより)
<デュアル・チャネル・アナログ・アナライザ>
入力、2チャネル XLR(メス)、バランス、フローティング/接地、AC/DC
(アンバランスは、オプションR&SRUPV-Z1使用で可能)
周波数範囲 帯域輔:22 kHz/40 kHz/80 kHz/250 kHz、
DC/10Hz〜21、76kHz/40kHz/80kHz/250kHz
電圧 RMS、サイン波、
0.1μV〜110V
測定 本体
RMSwideband,RMSselective,peak,quasipeak,S/N,DC,FFT,THD,THD十N,SINAD,ModDist,DFD,DIM,polarity,波形,周波数,位相、群遅延
<アナログ・ジェネレータ>
出力、2チャネル XLR(オス)、フローティング/接地、バランス/アンバランス、短絡保護回路
電圧 バランス、RMS、サイン波、開放端= 0.1mv〜20V
アンバランス、RMS、サイン波、開放瑞= 0.1mv〜10V
周波数範囲 本体=サイン波 0.1 Hz〜80kHz
出力信号 本体=正弦波、マルチトーン、正弦波バースト、slne2バースト、差周波歪、DFD、ノイズ、任意波形信号、方形波、AM/FM、WAVファイル再生
オプションR&S°UPV-B3、ステレオ、DIM、方形波
<FFT解析>
周波数範囲 アナログ、帯域幅:22kHz/40kHz/80kHz/250kHz、DC〜0.5×サンプリング・レート
ダイナミックレンジ アナログ、帯域幅:22kH万40kHz/80kHz、120dB
ノイズフロア アナログ、帯域幅:22kH万40kHz/80kHz、-140dB
FFT長 512,1k,2k,4k,8k,16k,32k,64k,128k,256kポイント
窓関数 rectan9le,Hann,Blackman-Harris,Rife-vincent l-3,Hamming,flat-top
<フィルタ>
ウェイティング・フィルタ A weightlng,C weightlng,CCIR 1k weighted,CCIR 2k weighted,CCR unweighted, CCITT,C message, DC noise highpass, deemphasls J17.50/15,50,75,preemphasis 50/15,50,75,IEC tuner,jitter weighted,rumble weighted, unweighted,highpass 22Hz,400Hz,lowpass 22 kHz,30kHz,80kHz,AES 17
ユーザ定義フィルタ デザイン・パラメータ
8次楕円フィルタタイプC(4次highpassおよびlowpassフィルタも選択可能),ストップバンド・アッテネーションは約120dB以内で選択可能

フィルタ種類
highpass,lowpass,bandpass,bandstop,notch,thirdoctaveおよびoctave filter

ファイルーフィルタ定義
8次フィルタは4次フィルタをカスケード接続。zプレーンはポール/ゼロまたは係数で定義。
<一般仕様>
電源 100V/120V/220V/230V土10%、50HZ〜60HZ,300VA
外形寸法 約 465(W) × 197(H) × 495(D)mm
重量 約15kg(33.071b)
               upv-c
ここに掲載された写真は、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。
  Copyright(C) 2018 Amp Repair Studio All right reserved.