LEADER AUDIO GENERATOR LAG−120A 備品修理
平成16年12月12到着   12月15日完成
A. YAHOO出品者さんからの頂ものです
B. 原因
   各部劣化
D. 使用部品
   ついでに電解コンデンサーを、オーディオ用電解コンデンサーに交換する

A. 修理前の点検
A1. 修理前の測定
A2A. 修理前の測定 出力=10dB 1KHZを測定、歪み率=1.91% この位ですと波形でも解る
A2B. 修理前の測定 出力=10dB 400HZを測定、歪み率=1.78% この位ですと波形でも解る
A3. 修理前の点検 1993年メーカー校正を受けている、ACコードが交換されている
C. 修理状況
C1A. 修理前 発振基盤
C1B.修理後 発振基盤 電解コンデンサー、FET(電界トランジスター)、TR(トランジスター)交換
C1C. 修理前 発振基盤裏
C1D. 修理(半田補正)後 発振基盤裏 全ハンダやり直し
C1E. 完成発振基盤裏 洗浄後
C2A. 修理前 ATT(アッテネータ)基盤裏
C2B. 修理後 ATT基盤裏 全ハンダやり直し
C2C. 完成ATT基盤裏 洗浄後
C3. 修理中 出力端子をBNCに交換
C4. 修理中 ギヤー等にグリスUPをする
C5. 修理中 パネル等清掃
C6A. 修理前 前から見る
C6B. 修理後 前から見る 今までの汚れを落とし、労苦に答える
C7. 修理後 後ろから見る
E. 上位測定器で出力・歪み率測定
E1. 普通型RC発信器が3種類に成った
E2. 出力電圧5V 歪み率=0.0223% 1000HZ
E3. 出力電圧5V 歪み率=0.0382% 400HZ
          lag120-L
ここに掲載された写真は、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません。  写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。
 Copyright(C) 2013 Amp Repair Studio All right reserved.