SonyDiscman D−135
    KENWOOD DPC−741修理
平成13年10月
A. 修理前の状況
   両方とも、読み込みのアナログ部分の調整不良。
   D−135は雑音が入る(定期的なジリジリ音)。
   DPC−741は全くCDを認知せず。

B. 原因
   両器共、経年変化でしょう、多分。

C. 修理状況
   データーセパレイター、内外の回転サーボ機構、バイアス調整。
   配線手直し、補強

D. 使用部品
   電解コンデンサー  4
   抵抗          8

E. 修理費 各5,000円

1. DPC−741を開いたところ
2. 完成
3. D−135を開いた所
4. 本体基板
5. 完成。
       
ここに掲載された写真は、修理依頼者の機器を撮影した者です、その肖像権・版権・著作権等は、放棄しておりません. 写真・記事を無断で商用利用・転載等することを、禁じます。Copyright(C) 2013 Amp Repair Studio All right reserved.